宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 41
執務室にお馴染みの顔が3つ。
何やら真剣に頭を突き合わせている。

深呼吸するシン、怪しげなおまじないを唱えるチェギョン。
その2人をしっかりと観察中のユル。

「さあ、用意はいいか?」

シンが2人を促す。

「ちょっと、待った!
ねえ、負けたら行くんだよね?」

ユルが確認をする。

「当たり前じゃない。
何で勝った人が行くのよ?
ユル君が行きたいなら、わざわざこんなことをしなくても済むわ。
どうぞ、どうぞ。」

「いや、そういう訳では・・・
チェギョンこそ、最近顔を出していないから どうぞ。」

「私は子育てが忙しくて、そこまで手が回らないの。
んとに、明日に限って予定が空いてたなんて・・・
しかも3人ともってね。」

「つべこべ言わずに、さあ始めるぞ。
2人とも往生際が悪い!」

シンは冷たくいい放つ。


3人はぐるりと輪になって、真顔になった。

「ジャンケン、ポン!!」

グー・チョキ・パー、見事におあいこ。

「あいこでしょ!!」

チョキとグーが二つ。

「ヤッターーー!!
だから、最初からシンくんが行けばよかったのにィ~。」

「だよね、王族会重鎮ご夫妻の50回目の結婚記念日祝いには
やっぱりシンが自ら行くべきなんだよ。」

「お前らな、よく聞け。
明日は3ヶ月ぶりの完全休日だったんだぞ。
それが、この一瞬でおじゃんだ。」

シンの情けない顔は敢えて見ないようにして、
でも、2人は面倒な事が避けられて、うれしさを隠しきれない。

あ~あ・・・

シンは大げさにため息をつくが、誰も代わってくれないのは百も承知だ。


その時、チェギョンのポケットから着信音が流れてきた。

「ちょっと、失礼。」

チェギョンは相手を確認すると、バタバタと出ていった。




「でしょ?
そんな感じがしたのよ。
彼女は、身体全体で何かを発信してた。
私のアンテナがしっかりキャッチしたってことね。」

チェギョンの得意げな声がドアの向こうから聞こえてくる。


ポケットに手を突っ込んで、慌しく出て行ったけど
そんな大声で話すのなら、あまり意味はない。
お相手はおそらく、チェギョンが今心からの信頼を寄せている女性記者だろう。


執務室の中で、シンとユルは聞き耳を立てる。


「なるほどね。
まずは、どこかの医大でちゃんと単位を取らないとダメって事?
本当に一からやり直しなのね。
彼女は韓国政府が認めているくらい優秀な医師なのに。
法律がある以上、仕方がないわ。
うーん、直接宮は関われないし 
特別な奨学金で通える大学を探さないといけない。
ねえ、医大に知り合いはいないの?」

チェギョンはまるで友達のように話している。

「いつも偉そうなことばかり言ってるくせに
医者の友達くらい作っておきなさいよ。
私? 私はご存じの通りおバカちゃんだから
そんな賢い友達はいないわ。」

あははは・・・
チェギョンの楽しそうな声が聞こえてくる。



「ねえ、女性記者とチェギョンはずいぶん親しいみたいだね。」

ユルは感じた通りを口にした。

「ああ。
まるで、古くからの友達みたいに話しているな。」

「僕達が知らない友達なんだろうか?」

「いや、あいつは何でも開けっ広げだから
そんな友達がいたら、僕は知っているはずだ。」

シンはきっぱり言い切った。


「それはそうと、ユニさんだっけ?
彼女は相当優秀な医師のようだね。
韓国政府も存在を持て余しているのではなく
時期を待っているような感じを受けるけど。」

ユルの言葉にシンもうなずく。

「南北の現状勢から、表だって動く事を躊躇しているのだろう。
だが、逆にチャンスだと思わないか?
南も北も、今はユニさんに関わっている場合じゃない。
北の工作員だって、もう彼女の周りをうろついているとは思えないし。
こんな時期だからこそ、ひっそりと静かに勉強ができ
数年経てば、どこかの医局で働く事も可能だ。
そう、思わないか?」

「そうだね。
むしろ、今!なのかも。」

「だけど、宮は関われない。
しかも、滅多な人には頼めない。
そこでだ、色々な人を思い描いてみたのだけど
実は・・・僕達はすごい適任者を知っている。」

シンはユルの顔を覘くように言った。

「ヘミョンヌナ!!」

「ああ、現役の医大生で今はもう一般人だ。
女性の自立には関心が高く、すぐに飛びつくに決まっている。」

「なるほど、適任だよね。」

すると、ユルはイタズラっぽい目をして ドアを開けた。

「チェギョーン。」

電話中のチェギョンは、ビクッとしてふり向く。

「な、なーに?
今、電話中なんだけど。」

「電話の向こうの記者さんにも聞いてもらいたいんだ。」

ユルは少し大きな声を出した。
チェギョンの顔がこわばる。

「シンとも話したんだけど、ヘミョンヌナに頼んだらどうかなって。
一般人の医大生で、女性の自立に関心が高い。
どう? 適任でしょ?」

「なーるほど・・・いいかも。」

チェギョンはうなずく。

「聞いてた?
本当に、またとない適任者かもしれない。」

電話に向き直ると、チェギョンは明るい声で言った。


「チェギョーン!
記者さんとヌナが直接会って話してもらったらいいじゃないのか?
その方が話が早い。」

執務室の中から、シンの声がした。

「ア、アンデ!
それは絶対にできないわ。」

チェギョンの狼狽ぶりは尋常ではない。
近くにいるユルが首をかしげる。

「私達が、最後までちゃんとやるの。
2人でやれる。
ね、そうでしょ?」

電話の向こうの声は聞こえないが、彼女は即座に肯定したようだ。


「ま、とにかく。
そういう事だから、私に任せてちょうだいね。」

電話を耳にあてたまま、アタフタと歩き去るチェギョン。


「何か、におうね。」

執務室を覗きこんで、ユルが言う。

「ああ。
女性記者を調べてみる必要があるな。」

シンは腕を組んで、眉をひそめた。






      皆様へ。

    ご無沙汰しております。
    元気にお過ごしでしょうか?

    いつの間にか、空が高くなり
    蝉の声から、虫の音へ。
    季節は急速に秋へと走り出しました。

    9/9 娘が無事出産!
    3日間の陣痛の末、自然分娩で男の子が産まれました。
    クタクタに疲れ果てているはずなのに
    娘は我が子を愛おしそうに見つめ、すっかりお母さん。
    そちらに感動して泣いてしまった親バカな私でございます。

    しかし、そんな大事なベビーちゃんは 母親と共に退院できず
    ICUに検査入院してしまいました。
    お乳を戻して泣き続けた夜があっての処置です。
    戻すといっても、ほんの少しをペッという感じで
    昭和の母は、赤ちゃんはまだ母乳飲むのは初心者なんだから
    当たり前って思ったのですのが。
    うちの兄ちゃんの方が激しくゲボゲボ吐いてたわよ・・・

    脳波・心臓・血液検査を経て、最終的には腸の検査。
    で、異常無し。
    母親から遅れること一週間、無事退院してきました。
    めでたし、めでたし。

    いや、これからが本番!
    実家の母としては、婿殿の食事のお世話もするので
    ばーばではなく、ばーやになっております。

    そんなわけで、またノロノロしてしまうと思いますが
    ウリシンチェの事、忘れないでね~♪

    皆さまにまたお会いできる日を楽しみに頑張ります!

    お元気で、あんにょーん♥


                      Luna





コメント
度々々
フライングしちゃって、ごめんなさい。
もう数分待てば良かった。
って事で…本日3回目の登場です("^ω^)・・・

お国の3トップが、子供のような真剣になってじゃんけんって(笑)
どんな過酷な公務かと思いきや…
いやいや、3人にとってはどんな公務や会議より苦痛か…

女性記者がジミンである事を知らない二人にとっては
ヘミョン姉さんを推薦するのは当然の事ですよね。
でもあの事件で主犯格だったジミンを姉さんと会わせるとなると
ちょっと難しいかも…

まあシン君が調べれば、女性記者の素性もバレるから、時間の問題だし。

改めて、お孫ちゃん誕生おめでとうございます。
陣痛3日って聞いただけで、気が遠くなりそうです。
でも母は強し!ですね。
Lunaばーばも、今が一番大変な時だとお察しします。
でも貴重で尊い時間でもあるわけですよね。

次回も楽しみに待ってますが、くれぐれも無理をなさらず
お身体を大切に!

では再度 あんにょーん(^.^)/~~~
[2017/09/20 07:30] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: 度々々
ぶんちゃん、おはようございます。

あはっ、今朝は虫の知らせがあったという事でしょうか。
以心伝心というのかしら?
超うれしいフライングをありがとうございます♪

はい、やっと産まれました。
そして、やっと帰って参りました。

母親は娘なので、ばーばはぐずっている時要員。
それより、娘のばーやが大変で。
食事・洗濯・掃除・・・いつもの3倍です。
これが、結構キツイ!

お話はサクサクいきたい展開なので、
一気書きしようとも思ったのですが。
眠い・・・なので、断念しました~。
ジミンとチェギョンが動き回っているのに残念です。
シンくんの視線も何気に怖いし・・・チェギョン、頼むよ~!

書けそうな時間を見計らって、ドドッと産み出したい気分です。(笑)
いつもありがとうね♪
ここに戻るとほっとするの。
とても暖かい空気を作ってもらって感謝しています。

元気にがんばりまーす!!
あんにょーん♥
[2017/09/20 08:23] URL | Luna #- [ 編集 ]

拍手鍵コメのsさんへ。
sさん、ありがとうございます♪

飯炊きばーや、洗濯ばーや、あやしばーやです。(笑)
すでに腰が痛い・・・

いつも来ていただいて、ありがとうございます。
現実から離れて、ここで一息つきたいという願望。
最近、切実です。(泣)

また、お会いしましょうね。
次回まで、お元気で。
あんにょーん♥
[2017/09/20 23:24] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/09/21 07:22] | # [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんばんは。

いつも来て下さってありがとうございます♪
なかなか更新できなくて・・・ミヤネ~。

この展開はずいぶん前から考えていた事で
早く書きたくて仕方がない状態でした。
ジミン・・・重要なキャラではなかったのに
ずっと心の中で動いていました。
チェギョンにこんな存在がいてもいいのかなって。

孫はかわいいです。
でも、やはり娘第一。
娘のために頑張っているのだと、今日も思いました。
世の中のおばあちゃん達はどうなのかな?
ちなみにうちの母はも、娘第一の人です。(笑)

明日もがんばりまーす!!
ありがとーーー♪
[2017/09/21 23:19] URL | Luna #- [ 編集 ]

拍手鍵コメのRさんへ。
Rさん、こんばんは。

色々心配しましたが、今は元気に寝ぐずっています。
産まれてすぐに個性があるのだな~と感じました。

お話はどんどん進めたい気分ですが
今日の終わりにならないと解放されない日々。
しばらくは、脳内で温めます。
ジミンとの絡みを楽しみにしてて下さいね~。

コメントをありがとうございました。
温かいお言葉で癒され励まされて
また、明日から頑張れそうです。
ファイティン!と後押しされている気がします♪
[2017/09/21 23:34] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/10/09 07:21] | # [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんばんは。

元気じゃないのよ~。
まだ娘一家が滞在中で、ヘトヘト。

ここへもなかなか来れなくて・・・
ストレスでイライラしています。(笑)

ご心配をありがとうございます。
もう一頑張りしまーす♪
[2017/10/12 22:00] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/882-fbeaa92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)