宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め!33
酔いつぶれた友人に毛布をかぶせながら
チェ・ジノは考えを巡らせる。

どんな話が飛び込んでこようとも、
ジミンには全てを話そうと思っていた。
彼女は記者だ、冷静に受け止めるだろう。
問題は皇后様だ。

   女は女同士。
   ジミンに任せるか・・・

彼女の意見を聞いてから、また考えよう。

ジノは友人の横で眠りについた。




真昼間の公園は、のんびりと散歩をする人もまばらだ。
ジノは敢えてここを選んだ。
喫茶店という場所は、意外と人の話に聞き耳を立てている人間がいる。
今からする話は、絶対に聞かれたくない話だ。

噴水近くのベンチに座ってジミンを待つ。
全て話す決心が揺らがぬうちに、早く来い。
ほんの2、3分がジノにはとても長く感じられた。




ジミンの顔がだんだん青ざめていくのがわかった。
持ち前の負けん気を全面に出して
毎日奔走している駆け出しの記者。
時折ジノがびっくりするような記事を書く。
刑務所で猛勉強をし、山ほど本を読んだジミン。
着飾ってパーティー三昧していた頃の彼女ではない。

だが、ショックを隠せないジミンを目の当たりにしてしまうと
もう少し言葉を選んで話せばよかったと思う。
それほど彼女は動揺していた。

「ユニさんのご両親は粛清されたのでしょうか?」

ジミンの声が震える。

「・・・おそらくな。」

ジミンは息を飲む。
両目がユラユラと揺れて、そこから涙が零れ落ちそうになるのを
やっと堪える。

粛清。
今更ながら、ジノも言葉にするとキツイと思った。

「私の両親はあの時に離婚しました。
父は愛人の元へいき、母は実家で相変わらず贅沢三昧に暮らしています。
両親とも、今の私には必要ない人達ですが
病気だと聞けば会いに行き、必死で看病すると思います。
亡くなったりしたら 涙が枯れるほど泣くでしょう。
ユニさんは・・・生死もわからないご両親のために
泣く事すらできない。」

ジミンはそう言って目を伏せた。

「・・・そうだな。
自分だけ北朝鮮に戻らない選択をした時に
ユニはそこまでの覚悟をしていたはずだと思う。
それでも、彼女は北を出る道を選んだ。
戻るより苦しい道だと知りながら・・・」

ジノは冷めてしまった缶コーヒーを一気に飲んだ。


しばらく黙りこんでいたジミンがぽつりと言った。

「何でもいいから、ユニさんの力になりたい。」

「韓国の公安と北朝鮮の工作員が絡む人物だぞ。
今の情勢では、彼女に近づくだけでも危険だ。
俺達に何が言える? 何ができる?
新米記者がうぬぼれるんじゃない!」

ジミンの瞳に決意を感じて、ジノは慌てて言った。

「ずっと思っていたのです。
北から逃れてきた人達が、南に絶望して故郷に戻りたがる現実。
能力がありながらそれを生かせず、差別と貧困に苦しんでいる。
同一民族だと認識しながら、彼らを受け入れられない南。
韓国の若者達が大学を卒業しても就職できない現状や深刻な経済危機。
経済崩壊の危惧の中、自国の事で精一杯と理解はしています。
新米記者ですが、そこのところは一般の人達よりは分かっているつもりです。
でもこの国は、危険を冒してまで逃げ延びてきた人達が
安心して幸せに暮らす事ができない場所なのかと、常に思ってきました。
ユニさんに出会い、その思いがますます強くなっているのを感じます。」

その思いはジノだって一緒だ。
いや、もっと前から抱いてきた事だ。

    だけど、ジミンを巻き込みたくない。

「この話はここまでだ。
さあ、あのオテンバさんにどう伝えるか。
俺達が今考えなくてはいけないのは、そこだ。」

これ以上食い下がっても、簡単に解決する問題ではない。
ジミンは気持ちを切り替えて、難題に取りかかろうとした。


    皇后様の嗅覚は侮れない。
    いつもぼんやりしているけれど、いざという時猟犬になる。

    ヘタな誤魔化しでややこしい事になると、収拾がつかなくなる。
    宮で騒がれたらおしまいだ。



ジミンに渡した缶コーヒーが、スカートを滑ってコロコロと落ちる。

ジノは腕を組み、ジミンは目を伏せたままだ。


「そのまま話そう。」
「ありのままをお伝えしましょう。」

考え抜いた言葉を2人同時に吐いた。

「あの方はどう出ると思う?」

「さあ・・・
想像がつくようで、つかないですわ。
思考回路が普通じゃないお方ですから。」

「だな。」

「まずはメールで通話可能な時間をお聞きします。」

ジミンはあっという間に打って送信する。



『あと一時間くらいしたらいいわよ~。
もうすぐ退屈なお茶会が終わるから。』

のんびりした返信に、ジミンは苦笑する。

数年前まで自分がいた空間なのに
今はもう遠い過去の夢物語の世界。
もう、戻れない。
いや、もう戻りたくも無い。


    お姫様、よくやっていらっしゃるわ。
    本当に・・・よくやってる。


ジノが勢いよく立ち上がったから、ジミンも慌てて続いた。

「お姫様とゆっくり話ができるところへ行こう。
俺も聞いてみたい事がある。」

ジノはそう言ってスタスタと歩き出した。






         皆さまへ。

       お久しぶりです。
       ご訪問をありがとうございます♪
       &なかなか更新できなくてすみません。

       今年に入ってから今まで以上に忙しい日々が続き
       最近はこの部屋の存続を考える状態になっております。
       妄想が尽きた訳ではないのですが、とにかく時間がないのです。
       この章の冒頭部分に辿り着けないかもしれませんが
       その時はごめんなさいね。

       いきなりお部屋を消したりする事は絶対にしませんので。
       それだけはお約束いたします。

       GWも過ぎ、今日からまた日常が始まります。
       ゆっくり骨休みができたとは言い難い私ですが
       老体にムチ打って、また頑張りまーす!

       皆さまもお身体に気をつけて、毎日を大切に過ごして下さいね。
       泣いても笑っても、それは一日。
       勿体ないから、どうせなら笑って過ごそう。
       そんな事を思う、今日この頃です。

       では次回はチェギョン姫と共にお会いしましょう。
       あんにょん♪


                    Luna







コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/05/08 07:17] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/05/08 07:20] | # [ 編集 ]


お忙しい中、更新(人''▽`)ありがとうございます☆

(⌒▽⌒)アハハ!警察犬の後は猟犬へ。
狙った獲物は逃さないし、回避しない(できない)皇后様。
置かれた立場を考えて、どう出てくるか楽しみですね。

Lunaさん、お部屋の存続って…
更新は定期的じゃなくても構わないのですよ。
時間が取れた時。
お話がまとまった時。
怒りや疲れをPCにぶつけたい時(壊しちゃダメです)。

私Lunaさんのカミングアウトを受けて、
SMAPの25YEARSアルバム買っちゃったんです(笑)

「ススメ!」は初めて聞いた曲でした。
「進め!」が「後退」でもイイじゃないですか!
それでもここの登場人物達はみんな立ち止まらずにススンでいますよ。

間違いなく私はLunaさんのお部屋に伺う事で、今日一日の活力を得ています。
特に月曜日は!

今日は真夏日になりそうなぶんちゃん地方。
黄砂も飛ばない予報なので、大物洗濯に草刈り&お昼寝("^ω^)・・・
前向きに楽しく過ごしましょー!

それでは次回まで あんにょーん♪




[2017/05/08 07:29] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、おはようございます。
今朝も早くにありがとうございます♪

あのチェギョンですからね、私でも迷います。(笑)
目の前で、うふふふ・・・って真ん丸の目が笑ってる。
久しぶりにいたずらっぽい顔が浮かんできました。

最近のご近所さん(かの国達です)情報は
真実を見極めるのか難しい。
こんなおばさんがどうこう言う事ではありませんが
その筋の偉い方達でさえ、様々なご意見か飛び交っているし。
それほど分かりにくい情勢なのでしょうね。
それぞれの国のお腹にはどんな黒い虫がいるのやら。
日本があまりにのほほんとしてて、ええのかいな~と思います。

私は昨日からお仕事モードに突入。
今週も頑張りましょうね。
ファイティン!!
行ってきまーす♪
[2017/05/08 08:22] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/05/08 12:38] | # [ 編集 ]

Re: Lunaさんへ
鍵コメのこ~さん、こんにちは。
優しいお言葉、有り難く頂戴いたします。

連休中に書きためようとしたのに、できず・・・
ちょっとメゲてしまいました。

はい、無理はせず ゆっくりと歩みます。
ありがとうございました♪
[2017/05/08 14:00] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ぶんちゃん、こんにちは。

SMAPの25YEARSアルバム、ご購入ありがとうございます。
そうなんですよね~、のろのろでもいいから進もうと思ってたのに
生活リズムのバランスを崩しております。

ぶんちゃんちは前にリフォームしていましたよね?
うちは30年ぶりに大改造をする事になり
まず、片づけから始めないといけなくて。
この前の腰痛もその影響だったので
ゆっくりゆっくりしているのですが、これがネック。
どんどん色んな事が後ろ倒しになり、気持ばかりアセってしまったの。

私にはここでゆったりと過ごす時間が必要なのにできない。
何だか苦しくなってしまったんです。

前向きな激励のお言葉、ありがとう!!
一人でアセってたね。
「すんませんけど、待ってておくんなさい。」
これでよかったんだね。

ぶんちゃんの背中押し、ドンと前に進めたよ。
ありがとうございました♪
「ススメ!」大音量で聞いてみます。

[2017/05/08 14:14] URL | Luna #- [ 編集 ]

拍手鍵コメのRさんへ。
Rさん、こんばんは。

今日はちょっと弱音を吐いちゃって、
皆さまにご心配をおかけしてしまいました。

以前のように、何につけてもサクサクできなくなり
時間を上手く使えないようになってきています。
体力に自信がなくなってきたのもありますね。

次回はチェギョン登場なので、腰を据えて書きたいと思います。
激励をありがとう!!
ゆっくりアセらず歩いていきます♪

[2017/05/08 21:36] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: お疲れ様です!!
鍵コメのKさん、こんばんは。

ずいぶんと季節が違うのですね。
こちらは暑くて・・・早くも半そで着ています。

チェギョンが足踏みをして出番を待っているので
そんなに時間を置かずにアップしたいのですが。
私自身もチェギョン・ジミン・ジノの関係が
とても楽しみで書いております。
シンくんをどう絡ませようか、今はそこが問題です。

このように、楽しみながら書いているのですけど
物理的な時間のやり繰りでちょっと疲れてしまいました。
Kさんのように、今日一日を区切りながら終えていくと
気が軽くなるかもしれませんね。
あれもこれもになって、自分で自分をぐるぐる巻きにしているみたい。
一人がやれることは決まっていますから、
もっと大らかに過ごさないといけないな~って思いました。

色々ありがとうございました♪
気持ちを切りかえて、ボチボチ歩みます。
[2017/05/08 21:49] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/05/15 18:04] | # [ 編集 ]

Re: お願いです!
Kちゃんさん、こんばんは。

お気持ち、ありがたくいただきます。
今年に入ってから、公私ともにミラクル忙しくて
パソコンの前に座る時間がなかなか取れないのです。
なので 更新が滞るくらいなら・・・と、つい思ってしまったのですね。

Kちゃんさんや皆さんの暖かいお言葉、身にしみました。
カメ更新になるかもしれませんが、気長に待ってもらえますか?

お直しが済んだので、定期便ではないですが
明日、チェギョン姫が登場する予定です。
久しぶり小さい姫様を楽しんでいただけたら幸いです。

激励をありがとうございました♪
勇気百倍! 感謝!感謝!です。
[2017/05/15 21:38] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/873-2d60d694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)