宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 32
チェ・ジノの友人は、中国商社と取引のある会社を経営している。
小規模な会社ではあるが、安定した利益を上げ
大きな問題さえなければ、このまま息子の代まで大丈夫そうだ。

というのも、彼は中国語が堪能な上に中国には知り合いも多く
通訳などを介さずに直接話ができるという利点があったからだ。

そんな知り合いの中に、脱北者専門のブローカーも含まれていた。
ジノが記者という事もあり、友人は会えば興味深い話を聞かせてくれる。
なので、今回もソ・ユニの事を「ひとつ、頼むわ。」と軽い感じで調べてもらった。

しばらくして連絡をくれた友人といつものバーで落ち合う。

友人は大して面白くも無い仕事の話ばかりして
肝心のユニの件については忘れたかのようだ。

「頼んだ件だが、よくわからなかったのか?」

ジノは気楽に聞いた。
友人は首を何度も横に振る。

「いや、そうじゃない。
こんなバーで話すような内容じゃないんだ。
お前んちで飲み直そう。」

「・・・ああ。」

嫌な予感がした。
訳ありだとは思っていたが、彼の様子からするとあまりいい話ではなさそうだ。


タクシーの中でもだんまりを決め込む友人に
ジノは話しかけるのを辞めた。



「ビールでいいか?」

「ああ。」

冷蔵庫からビールとキムチを取り出し、汚いテーブルに置く。

シュッポ。

友人はビールをごくごくと音を立てて飲んだ。

「どこからのリークだ?」

「ん? 何が?」

「とぼけないでくれ。 真面目に聞いてる。」

友人の真剣な目を見てジノはびっくりした。

「そんなにヤバイのか?」

「ああ、ソ・ユニは公安の監視下にある。」

「・・・やっぱりな。」

「そう思ってたのか?
お前も人が悪いな。
わかってて調べさせるなんて。」

「いや、確信があった訳じゃない。
ユニが医師として優れた人材にもかかわらず、
ひっそりと隠れるように暮らしている様子から感じただけだ。」

「だからー、どうしてそれを知ったんだ?」

いくら友人でも、皇后様との関連を知られてはならない。
第一、ジノと宮の関係はジミンしか知らない事だ。
ジノは必死で言い訳を考える。

「うちの記者が施設の取材をした時に、ソ・ユニの存在を知った。
隠し通せない存在感が記者魂を揺さぶったというのか・・・
まっ、そんなところだ。」

「この件からはすぐに手を引いた方がいい。
今の情勢から考えると、深入りしない方が賢明だ。」

「・・・そうか。」

とは言ったものの、ジノの心はかなり深入りしてしまっている。


「記事にしないと約束するなら話す。
が、そうでない場合は一切口を開かないからな。」

そうこられると、ジノは言わざるを得ない。

「記事にはしない。
だけど、すごく興味があるから話してくれないか?」

「絶対だな?」

尚も念を押す友人にジノはうんうんとうなづく。
友人はギロリとジノを睨むと話始めた。



ソ・ユニの一家は、代々医者の家系だった。
ユニの父親は北朝鮮で最高峰の病院に勤務するようになり
ユニ達の代になると、より優秀な人材を輩出していた。
ユニには2人の兄がいる。
一番上の兄は実際の診療より、治験などを行う研究室に身を置いていた。
二番目の兄は脳外科の新鋭として名前を馳せ、
最初は父親と一緒の病院勤務だった。
2人ともだったというのは、今は違うという事だ。

北朝鮮ではそれぞれの分野で優秀な人材が、
政府の関連施設に集められる。
様々なエキスパート達は国の中枢に置かれるのだ。
ユニの兄達も優れた才能と腕がゆえに、一般の人達を救うのではなく
政府関係者のための医師として存在する事を強いられたのだ。
そして一度そこに身を置いた者達は、二度と一般の場所には戻れない。
内部を知り過ぎてしまうからだ。

彼らが今そこでどんな生活をしているのか、知るすべは無い。
たとえ家族であったとしても、知ることはできない。

そこまで話を聞いて、ジノはその先が読めてきた。

「ユニもそこへ行かされる事になっていたのか?」

「そのようだ。」

友人はうなづく。

「だから父親は危険を冒してまで、ユニを脱北させたんだな。
じゃあ、父親や家族は?」

「2人の兄達は何とか無事だろうが、両親はどうだろうな・・・
中国側も関わりたくないから調べもしない。
東南アジアを渡り歩く間もユニは何度も危ない目に合ってきたようだ。
北朝鮮の工作員は各国にいるからな。
父親が持たせた多額の金と自らの叡智で切り抜け
何とか韓国に辿り着き、保護を求めた。
韓国側も厄介な人物が現れた訳で、処置に困ったのだろう。
とにかくひっそりと暮らせというしかなかった。」

「そんな事はすぐにバレているはずだ。」

「だから、民間ではなく公営のあの施設に置いたんだ。
工作員がユニに接近しにくいように。
韓国政府の監視下にあるユニに、ヘタに手を出したら大ごとになる。
あの施設の周りには時々工作員が出没しているようだけど
今のところ目立った動きはない。」

「そこまで調べてくれたのか。」

「乗りかかった船だ、調べたさ。
だが、俺はもうここで降りる。
お前も一緒に降りるんだぞ。」

友人はジノにビールのコップを持たせ、チンと乾杯させる。

その味は、今まで飲んだどのビールよりも苦くて不味かった。






コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/24 07:38] | # [ 編集 ]

おはようございます
更新ありがとうございます。

(-ω-;)ウーン
さすが、Lunaさんが調べ上げて、練りに練って、
満を持して公開されたに相応しい題材ですね。

なんとも爽やかな朝に似つかわしくない重い内容ですもの(笑)
しかも今回、登場人物がオッサンふたりっきり。

前世が警察犬だった皇后様だって、この事実を知ってしまったら
立場上、手も口も出せませんよね。

島国で単一民族で、侵略や占領の経験値が少ない我々には
どうしても考えが及ばない、出口の見えない問題です。

記者魂の塊りみたいなジノが、すんなり船から降りるかしら~?


可憐なハナミズキに混じって、モッコウバラも開花してますね。
他の薔薇に比べると、病気も少なくて縦より横に広がる性質が私に似てる…
あ、でも棘が無いんですよね。
そこは正反対なんだな(〃艸〃)

朝と昼間の寒暖差が大きいですね。
体調崩されませんように!

では、またね(^.^)/~~~
[2017/04/24 07:52] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、おはようございます。
肌寒い朝ですね。

狙った訳でないのですが、ちょうどタイミングがドンピシャで
むしろ書きにくいです。
ずっと韓国ドラマや映画を観てきて感じたことを
ここで表現できたら・・・と思っています。
チェギョンの力を借りて、書けている事に感謝して。

どんよりした空気の中、うちの能天気な市長さんの明るさが救いです。
上に立つ人がみんなこうならキナ臭い事にはならないのに。
時折する暴走も笑ってしまう次元ですし。

今週もがんばろうね。
GWまでもう少し!
今朝もありがとうございました♪
[2017/04/24 08:04] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: おはようございます
ぶんちゃん、おはようございます。

確かにこの季節に相応しくない内容です。(笑)
おっさん2人というのも、茶色のおかずばかりなお弁当みたい。

こんなおばさんが調べる事ですから、全然深くはないのです。
表面の薄っすらとしたところをはぎ取って繋ぎ合わせた資料です。
裏も取れないし、もっと書きたかった部分は不透明過ぎて怖い。
そう、怖いです。
それが本当の事なら・・・

ただいつも思うのは、少なくとも韓国は同一民族として見ているって事。
心の奥底では同じ血が流れていると認識している。
それが滲みますね。

今回は皇后様発信の案件ですが、ちょっと道草話になってきています。
そろそろ軌道修正をしないと、何のお部屋かわからなくなりそう。(笑)

今朝もありがとうございます。
ぶんちゃんも風邪がぶり返さないよう、
しばらく大人しくしててね~♪
[2017/04/24 08:20] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/24 12:46] | # [ 編集 ]

Re: やはりキナ臭い裏が…
鍵コメのKさん、こんにちは。

穏やかな朝に似つかわしくないお話でした。

チェギョンを絡めて書くには、本当に困った展開になってきました。
今まで数話書いてはアップしてたので、マズイ場面は直前でバサッと切ったり
違う場面とくっつけたりと修正しながらの更新でした。
今回はパソコンに向かう時間がなかなか無いのと
調べながら書いているので完成したら即アップしているんです。
なので、方向転換したくてもできないの~。

手を加え無い分ストレートな表現になるのが
いいのか、悪いのか・・・答えは書き終わって読み返してからですね。

「宮」の二次小説というくくりの中で
ここまで踏み込んでいいのかな?
常に自問しています。
今回の道草話は重すぎますね。
でも、「今でしょ!」って思っております。

Kさん、今日もありがとうございました。
GW楽しんで下さいね。
[2017/04/24 14:20] URL | Luna #- [ 編集 ]

拍手鍵コメのRさんへ。
Rさん、こんばんは。

今日は一日、北朝鮮の動向に追われましたね。
思っているよりはるかに緊張状態が続いているようです。

中国との絡みもあり、本当に難しい問題です。
首を突っ込んでしまった以上、頑張って書きますが
私などが出てくる事ではなかったです・・・

コメントをありがとうございました。
本題から離れないよう、心して書こうとおもいます。
[2017/04/25 22:05] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/872-14b4f44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)