宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 31
「ふうん・・・まだわからないのね。」

「ええ、そうですの。
一般人を調べるのって大変なのですよ。
この頃は個人情報の管理が厳しいので。」

チェギョンの催促電話に、つい出てしまったジミン。
大した言い訳も考えていなかったし、動揺を隠すのに精一杯だ。

「ジミンは記者さんなのでしょ?
そんなの朝飯前かと思ってたわ。
宮の情報システム部の誰かに調べさせようかしら。」

ジミンはギクッとした。
そんな事をして、宮が関わったという痕跡を残すのは無謀だ。

      どうしよう・・・

ジミンは焦る。
その時、ふと名案を思いついた。

「皇后様、この件に関してはしばらく関わらない方かよろしいかと。」

「どーして?」

チェギョンののんきな声に、ジミンは少し腹が立つ。

「施設の責任者が何だか怪しいのです。
私が彼女に近づくと必死で阻止しようとするし、
もしかしたら彼女は裏帳簿でも任されているのでないかと。」

「えっー、それは大変な事じゃない!」

「なので、今私が必死で調べておりますから
宮は動かないでいて下さい。
ややこしい案件かもしれませんから。」

「そうね、その方がいいわね。
でも、あの責任者さんはいい人なんだけどな~。
それに彼女はそんな事に手を染めるような人じゃないわ。
とっても慈愛に満ちた目をしているもの。」

「なかなかの切れ者とお見受けしました。」

「やっぱりそう思う?
見るからに賢そうだし、子供が大好きな人よ、きっと。」

     本当にこの人は鼻が利く。
     前世は警察犬だったんじゃなかろうか。

ジミンは少々呆れた。
公務に行って、何を見て何を拾ってくるのか。
この人と一緒に暮らしているシンに対して
素直に尊敬の念を抱いたジミンだった。

「じゃあ、しっかり調べて報告してね。」

「はい、わかりました。」

電話を切ってから、ジミンはゴチる。

     私だって他にもいっぱい仕事があるのよっ!
     全く、何だって言うの!!

     まあ、しかし・・・
     あの単細胞さんが素直に信じてくれてよかった。
     危ないところだったわ、宮の誰かが動いたらマズイもの。
     これは宮が絶対に関わってはいけない案件。
     ああ、この先が思いやられるわ。

どっと疲れたけれど、自分の本来の仕事が待っている。
ハイヒールに上手く体重を乗せて、ジミンは歩き出した。




友人との長い電話を終えて、チェ・ジノは煙草に火をつけた。
禁煙してからも、大変な案件を抱えるとやはり手が伸びる。
だから皆には今も喫煙者だと認識されていた。

紫の煙は細長く空間を漂い、消えていく。
ジノはしばらく何も考えず、煙の行方を追った。

最後の煙を吸い込んで、天井に向けて吐く。

     さて、どうしたものか。

今の世界情勢を考えたら、このまま蓋をして何もなかった事にすべきだ。
記者じゃなくても、子供だってわかる事だ。

だけど・・・記事にしたい。
それは記者の本能だから仕方がない。

     それより先に、皇后様に何て話す?

ジノはそれに気が付いて、頭を抱えた。



ソ・ユニと父親は、北朝鮮から中国に派遣された医師であるのは
ジミンが調べた通りだった。
ジノの友人に尚も詳しく調べてもらうと、
手術が必要だったのは北朝鮮大使館の関係者だったらしい。
胸部外科の権威である父と共に、小児外科医であるユニが同行したのは
ただ腕がいいからか、それとも患者が子供だったかはわからない。

術後の経過を見届けて、父娘が北朝鮮に戻る時
父親から「娘をこのまま中国に置いてもらえないか」という打診があったようだ。
だが、中国側としたら 北朝鮮への配慮もある。
彼らは一般人とは違う。
北朝鮮が派遣してきた医師なのだ。
二つ返事で許可するわけにはいかない。

尚も執拗に頼みこむ父親は、患者の容体が思わしくないという虚偽の報告をして
帰国を数日引き延ばした。
正式なルートでは無理だと悟った父親は、
ブローカーに多額のお金を掴ませ娘を託す。
そしてソ・ユニは東南アジア数国を経て、韓国に辿り着いたというわけだった。

父親は一人で北朝鮮に戻って行った。
その後、彼がどうしているかはわからない。
中国側も気まずい思いをしているから、触れずにいるようだ。

父親が命がけで逃がした娘、ユニ。
彼女が韓国で医師の資格を取らない理由。
続けて、友人が語った話にジノは身震いをした。






コメント
警察犬チェギョンー!
おはようございます。
とっても待ち遠しい一週間でした。

あら大変。
ここで皇后様や宮に介入されては、ヤヤッコシイことに。
せっかく秘密裏にジミンが調べて来た事が水の泡。

かと言って、記事が先に出ちゃったら
施設側は彼女を封印しかねないかも…
そうしたら、もう八方ふさがりになっちゃう。

ジノが身震いした内容……
何なんでしょう?
感動の身震いじゃないよね。
恐怖・緊張の身震いですよねー。


桜もすっかり散って、昨日は今年初の夏日でした。
なのになのに私ったら、先週からの風邪が悪化してまして・・・
発熱と悪寒で身震いしてました((;゚Д゚)ガクガクブルブル

もう民間療法での自然治癒力が皆無に等しいお年頃。。。
重いお尻を上げて、病院に行って来ます…
[2017/04/17 07:24] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: 警察犬チェギョンー!
ぶんちゃん、おはようございます。

えっーーー、あの風邪気味が本格的になってたのー?
しかも、かれこれ1週間・・・物持ち良過ぎー!
とにかくお医者さんへレッツ・ゴー!!
早く治して下さいね。

私ももどかしい1週間でした。
頭の中にあるお話を文字にできないイライラ。
時間の割り振りがヘタなんでしょうね。
あ、それに打つのが極端に遅い・・・
こんなに書いてるのに。
頭の中では次のお話が炸裂しております。

今回はジミンとチェギョンの会話が楽しくて
もっと書きたかったです。
ちょっとズレているけど、互いに信頼し合っている感じ。
友達ではないけど、特別な関係。
今はここにハマっています。

ぶんちゃん、熱があるのに早くからありがとうね。
お医者さんから戻ったら、大人しく寝てて下さいよ~。
お大事にね♪
[2017/04/17 08:09] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/17 14:41] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/17 17:55] | # [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんばんは。

今日は春の嵐ですね。
今もすごい風と雨・・・桜の名残りが跡形も無くなりそうです。

韓国と北朝鮮の関係は、
日本人の私達には絶対に理解できない事の一つ。
敢えてそこに踏み込むのは、勇気が要りました。
でも、今!かなと。

簡単に行ってた韓国が急に遠い国になりつつあります。
シンチェが遠くならないよう、気をつけながら書いていきますね。

per~さんの好きなお花がいっぱい咲き出す季節。
元気を出していきましょう!!
今日もありがとうございました♪
[2017/04/17 23:28] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: 陛下の愛妻は警察犬!?(笑)
鍵コメのKさん、こんばんは。

長く続けてきた結果、こういう展開になってきました。
夢のようなお話ばかりじゃ済まされない現実。
1時間半で飛べた韓国に、簡単には行けなくなっちゃうなんて。
身近に感じていたけど、やはり外国なのですね。

ジノさんとジミンのキャラを気に入って下さって、うれしいな。
どちらも癖が強いキャラですが、書いてて面白いです。
これにチェギョンが加わると、一層楽しい。
ブログは自分が一番楽しんだ方がいいのでは。(笑)

名古屋は風と雨の「春の嵐」です。
この後、一気に初夏になりそうな気配がしてします。

今日もありがとうございました♪
&おやすみなさーい☆
もうすぐ、日にちが代わりまーす。
[2017/04/17 23:44] URL | Luna #- [ 編集 ]

拍手鍵コメのRさんへ。
Rさん、おはようございます。

拍手欄にコメントをありがとうございました。

南北の問題は元は同一民族な訳ですから、本当に複雑です。
調べて色々考えるに、統一はかなりの難問題かなと。
時間が経ち過ぎている事が大きいって気がしています。

チェギョンと共に考えていけたら・・・
日本のおばちゃんがする事は微々たるものですが
今、この時にこそちゃんと考えたい。
心からそう思います。

[2017/04/18 08:25] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/870-07b62bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)