宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 30
聡明さは、必ずしも幸せをもたらすとは限らない。

皇后様のそのするどい嗅覚が嗅ぎあてた女性。

彼女の名前は、ソ・ユニ。
優秀な小児外科医だった。
手術が困難だとされる数々の症例を
細い腕一本で治し、医療の歴史を塗り替えてきた。
が、世界のどこを探しても その素晴らしい症例の記録は見当たらない。

彼女が塗り替えてきた歴史は、ごく小さな国に留まっていたからだ。


ジミンが話す言葉を、聞き漏らすまいと
ジノは目を閉じたままじっと聞き入った。


ソ・ユニは脱北者だった。

北朝鮮では有名な小児外科医であった彼女は
ある日、胸部外科の権威である父と共に中国入りをしている。
おそらく、中国側からの要請で 北朝鮮は優秀な外科医を派遣したと思われる。
そして中国での医療行為が完了した後、
父親は北朝鮮に戻り、なぜか彼女のみ韓国に渡った。

その辺りの事情は、取材ではわからずじまいだったようだ。


脱北者は韓国に入るとまず、HANAWONという場所で社会適応教育を受ける。
元医師であっても韓国では認められず、すぐに医療行為は行えない。
再び医師として働きたい場合は、韓国の国家試験に通らねばならない。
彼女は北朝鮮の最高峰の医療技術を備えているのだから
勉強をして受験をすれば、おそらく簡単に合格するだろう。

だが、彼女は一切そういう行動を起こしていない。

脱北者達の就職事情は、はっきり言ってよくなかった。
差別や偏見から、正規の仕事にはなかなか就けない状況だ。

軍事境界線を命がけで逃げて来る人は、実際そんなに多くはなく
8割は中国経由でタイやモンゴル、ベトナムを経て韓国に入国する。
支援団体やブローカーの手助けによって脱北を図る者たちは
北朝鮮では中級以上の生活をしてきた人達だ。
こつこつと貯めたお金をはたいて、夢と希望に溢れ脱北する。
充分な教育を受け、資格を身に付けた人も多い中、
それが生かせず、せっかくやって来た韓国で貧困生活を送る羽目になる。

南北統一、同一民族といった言葉の裏に存在する現実。
韓国の闇の部分だ。

ソ・ユニは自分のスキルを人一倍生かせる状況にありながら
なぜそうしないのか?
ジノは真っ先にそこに疑問を感じた。
そして、北朝鮮に戻った父と韓国に亡命した娘。
そこに強い違和感が残る。


「ジミン。
この案件はこの先、俺が受け持つ。
君はもう関わるな。」

「せっかくここまで調べたのです。
もう少し詳しく知りたいです。」

それは当然の欲求だ。
だが、ジノは直観で危険を感じとる。

「たった1週間でこれだけの事をよく調べ上げたな。」

ジノに褒められたジミンは少しはにかんだ。

「だが、もうこれ以上彼女の周りをやたら嗅ぎまわるのはよくない。
何か裏がありそうな気がするんだ。
ましてや、この案件の発端は皇后様からの指示だ。
慎重に調べた方がいい。
中国に太いパイプを持つ友人がいる。
彼に詳細を調べてもらうから、しばらくは動くな。いいな?」

「・・・はい。
皇后様にはどのように報告すればいいのですか?」

「詳細が分かるまでは、何も伝えない方がいい。
下手すると、ソ・ユニさんと接触を持とうとするかもしれん。」

「有り得ますわね、あのお方なら。
陛下もご苦労なさいますわ。」

「ああ、もし連絡があっても まだ調べている最中だと誤魔化すんだ。」

「わかりました、そうします。」


喫茶店のテレビは、ちょうど皇帝陛下の公務を映し出している。

いつものように爽やかな笑顔で、品よく手をふる姿。


「ああ、のんきに手を振って・・・
また、お姫様が暴走しそうだってのに。」

ジノは画面を見ながらつぶやく。

「でも、何で私達がこんなに苦労しているんですの?
なんか、変。」

「いいか、ジミン。 忘れるな。
俺達は彼らに申し訳ない事をした。
だから、その償いをしなくてはいけない。
どんな小さな綻びも見つけて、宮を守るんだ。
彼らがああやって皆に幸せを届けられるように。」

ジノはテレビのシンに視線を移して言った。

「わかってますわ。
でもあのじゃじゃ馬さん、結構失礼なんですのよ。」

「ははは・・・
元気になって下さって、何よりじゃないか。
君が一番心配してたくせに。」

「そうでもないですわ。
しばらく静かで平和でしたもの。」

「ふふん、そういう事にしておくか。」


シンをぼんやり眺めている小生意気なジミンの横顔。

     やっとフッ切れたな。

ジノはその様子を微笑んで見ていた。





コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/10 07:25] | # [ 編集 ]

おはようございます
更新ありがとうございます。
すごく楽しみに待っていました。

脱北者ですか……思いもよりませんでした。
Lunaさん、かなり下調べされたのでしょう。

政治的?生活苦?脱北の理由はそれぞれあるでしょうが
彼女の場合は、父親も外科医なら、それなりの生活は保たれていたはず。
でも彼女だけ戻らなかったとすると、今頃父親は反逆者の家族としてかなりの苦労を強いられているかも。
日本で報道されている番組は、ほんの氷山の一角なんでしょうね。

ジノが感じた疑問と違和感。
何が隠されているのでしょう?

移民・難民・不法入国。
いまだに疎い私ですが、こちらでお勉強させていただきます。
池上彰さんのように噛み砕いて教えてください!

お花見は行きましたか?
関東は先週末、パッとしない空模様で( ノД`)
小雨の中、神田川お花見クルーズして来たら
すっかり風邪をひいてしまったぶんちゃん一家です。。。
喉が痛いです…

次回も楽しみにしています。
(^.^)/~~~















[2017/04/10 07:53] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、おはようございます。

ずっと考えていて、結局手をつけずにここまできたお話。
日本人である自分が踏み込んではいけない領域と思ったんです。
でも、でも。
もう対岸の火事どころではなくなってきた今、
影響を受ける国の一人として書いてもいいのではと感じました。

いつも思うのですが、韓国の方々は北朝鮮を敵視していないのですよね~。
元は一つだったという彼らの血がそうさせるような気がしています。
やっぱりあくまでも推測の域を出ないですが。

今朝もありがとうございます♪
ちょっと寒いですね。
花冷えとはこういうことを言うのかしら。
季節外れのインフルに気をつけましょうね。
[2017/04/10 08:02] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/10 08:33] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/10 11:52] | # [ 編集 ]

Re: おはようございます
ぶんちゃん、こんにちは。

お花見クルーズ行ったんだ~!
雨模様だったのでどうしたのかな?って思っていました。
私は近所でちょこちょこと致しました。
桜って潔いですね、もう散り始めています。

今回はかなり調べましたよ。
そちらに気がいって、お話書くのが遅れております。
韓国と北朝鮮は、知れば知るほどに不思議な両国。
のほほんと暮らしている私には到底理解できなくて。
何とか理解できた部分だけでお話を書こうとしているおばさんです。
池上彰さんのようになんて・・・とてもとても。
私が教えてほしいですわ。

今日もありがとうございます♪
ぶんちゃん、風邪早く治してね~!
今日と明日はちょっと寒いみたいだから、気をつけて下さいな♥
[2017/04/10 14:26] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: ある意味未知の世界…
鍵コメのKさん、こんばんは。

私はそんなに詳しくはないのですよ。
このお話を思いついてから調べたくらいで。
でも、韓国のこの部分はずっと気になっていました。
私達には絶対に理解できない事。
敢えてそこに踏み込むという無謀なおばちゃんです。

ジミンとジノの関係はずいぶん前から考えてたんです。
彼らと離れる事はできなかったですね。
こうして償って欲しかった。
不器用で、何か泥臭くていいかな~って思いました。

シンチェの成長と共に、ここのお話もどんどん変わってきています。
現実的になり過ぎず・・・とは思っているのですが
今の状況がなかなかそうはさせてくれません。

いつもわかってくれてて、本当にありがとう!!
上手く言えないけど、とても感謝していますよ♪
じっくり、いきまーす!
[2017/04/10 21:54] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: 無題
鍵コメのRさん、こんばんは。

今回は踏み込んだ内容でしたので、準備に時間がかかっております。
フツーのおばちゃんが調べ物をするわけですから、
大したことはないのですけど。

私達を取り巻く今の状況もどんどん複雑になってきていますね。
少しは考えないといけないかなと、小さなおばちゃんは思っています。

今日もありがとうございました♪
明日の雨で桜が散ってしまうね~。
[2017/04/10 23:16] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/18 20:44] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/04/19 11:29] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/869-103059a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)