宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 26
「そうか・・・」

キム内官の言葉に、シンは深くうなづいた。

「彼ならきっと迎えに行くと思っていた。」

シンは自分に言いきかせるようにつぶやく。


ハ元内官とナム元尚宮の件は、宮の中でも数人しか知らない。
あとの者は皆、一身上の都合だと聞かされていた。
が、誰もそれを鵜呑みにしてはいない。
宮で働く者は、決して触れてはならない事だと重々理解している。
だから、彼ら2人は元より存在しなかったかのように
今や宮のダブーの一つになっていた。


「チェ尚宮には伝えておいてほしい。」

シンは去っていくキム内官の背中に言った。

「・・・はい。」

キム内官はメガネを上げながら答えた。




「・・・そうでしたか。」

チェ尚宮は、目じりに溜まった涙をそっと拭った。

     チェ尚宮はふんわりと柔らかくて、そして温かくなった。

その姿にキム内官は、マカオの夜を思い出す。
チェ尚宮には想い人がいる。
そう確信したあの日。
まさか、その相手がお調子者のサンヒョンとは夢にも思わなかったけど
2人が並んで出勤してくる姿は本当に幸せそうだ。
よかったとしみじみ思う。

春が来たら、あと2組の新婚さんが家族寮を埋める予定だ。
皇后様がすごく頑張った大きな改革が、今 実を結びつつある。

こんな日が来るなんて、宮の誰が想像しただろう。
恋愛がご法度の狭い空間で、たくさんの涙や別れを見てきた。
この案件にもっと早くに着手していたら、優秀な人材達を失わずに済んだろう。
一番悔しい思いをしているのは、皇帝夫妻に違いなく・・・


「ユ尚宮には話してもよろしいでしょうか?」

キム内官の思いを遮る様に、チェ尚宮が言った。

「ん? 今更?」

「ええ、ナム元尚宮と私達3人は同期なのです。
お互いに支え合ってここまで来たとは言えない間柄ですが
苦しい時期を一緒に過ごした仲間だと思っています。
ユ尚宮から、ハ元内官さんにとても励ましていただいたと聞いた事があります。
2人が幸せに暮らしているという事実だけは伝えてあげたくて。」

「ああ、それならいいでしょう。
ユ尚宮も安心するに違いない。」

「ありがとうございます。」



機会をみて、チェ尚宮はユ尚宮をお茶に誘った。

「・・・よかった。
2人の事がずっと気になっていたの。
本当によかった。」

ユ尚宮は心からの笑顔を見せた。

「あなたは何も聞かないのね。
2人がどうして宮を去ったのかって。」

「宮が隠させねばならない事は、私も隠さねばならない事。
聞いてしまったら、尚苦しい。
私はそういう事から上手く逃げるようにしてるの。」

今度は茶化して笑う。

チェ尚宮はつくづく思う。
ユ尚宮をこんな風に変えたのは、皇后様だ。
日々の仕事を通じて、時には個人的な話の合間に
皇后様は皆に魔法をかける。
だから、辛い事があった次の日も宮に立っていられるのだ。

「ねえ、私達 頑張ろうね。
ナム尚宮がいた時よりもうんと前へ。
彼女の分までじゃなくて、彼女を追い越して進もう。」

チェ尚宮の言葉に、ユ尚宮はうんうんとうなづく。

まずは、皇后様だ。
宮の太陽が曇っていては、まばゆい光が皆に届かない。
一番近くにお仕えする自分達に出来る事、
自らの全てをかけてお支えしたい。

チェ尚宮とユ尚宮は決意を新たにした。




シンから2人の話を聞いた後、チェギョンは静かに喜んだ。

諸手を挙げて大騒ぎをすると思っていたシンは、正直びっくりした。

「チェオンニがね、申し訳ないって感じてたと思うの。
宮の法度が変わって、自分だけ幸せになって・・・と。
言わなくてもわかる。
そういう人だから。
私もつらかった。
ナム尚宮をとても頼ってたし、いつも感謝をしてたのに
その気持ちを上手く伝えられなかった。
もっと早く、法度を変えてあげてたらよかったのにね・・・」

シンは目を閉じる。

朝陽の中、去って行くハ内官の後ろ姿。
カバン一つだけ持って、彼は一度も振り返らずに歩いて行った。
そして、裏口から召喚されていくナム尚宮の姿も。
携帯電話すら拒否して何一つ持たず、
尚宮の制服姿で最後までしゃんとして去った。

心にいつも滲みていた擦り傷が、少しづつ癒えていく。


    チェギョンも少しは楽になれたかな・・・

横に座るチェギョンを見た。

チェギョンの目はハナの動きを追い、微笑んでいた。


彼女の心の中にある憂いが、一つ二つと消えていくのを
ただただ、願うばかりのシンだった。






コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/02/20 07:20] | # [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、おはようございます。

宮には重く苦しい法度があります。
その中でも一番時代錯誤だった法度。
それどころではなかったとはいえ、改革が遅れ
シンとチェギョンが最も悔やまれる案件でした。
2人の心にずっと澱となって存在し、辛かった事でしょう。

宮の太陽が再び輝きを取り戻すためには
宮の皆とシン君の深い愛情が必要不可欠ですね。
ラブラブな2人よりも、こんな感じの2人が好きです♥

今朝も早くにありがとうございました。
バレンタインのチョコ、素敵でしたね。
私は今、チロルチョコのお雛様バージョンにハマっています。
お内裏様にお姫様、三人官女に五人囃子が揃っているの。
みんなに配って楽しんでいますよ♪
[2017/02/20 08:14] URL | Luna #- [ 編集 ]

宮の太陽…
Lunaさん~
こんにちは~☆


お加減はいかがですか?
腰の関節炎…痛そうです!!指の関節の痛みしか経験ない私ですが上半身を支える腰に痛みがあるのは相当辛いでしょうね…
お片付けは気持ちが乗った時にやりたいのが人間…
でも無理は禁物ですね!
私も肝に銘じます。


痛みを抱えての更新ありがとうございますm(__)m

彼らのことはシン君やチェギョンのみならず宮の皆さんが気にかけていたのですね!

少しのズレが後の人生を変えてしまっただけに個々思うことがあって当然ですよね!

同期女性三人励ましあって邁進してきたなら尚更でしょう!!

たとえ道は違っても幸せに生きて欲しいですね!

そして宮に生きる者の願うことはそこに存在する太陽に陰りがないこと…

シン君から聞いたナム元尚宮のことがチェギョンにとっての憂いを少しずつ解消するきっかけとなりますように

彼女に本当の意味での春が訪れるのはまだ先なのかな…

でも家族寮に入居するカップルが増えていくのは嬉しい証ですね!

Lunaさん~くれぐれもお大事になさって下さいね☆
[2017/02/20 14:13] URL | くこまりぶー #- [ 編集 ]

たら…れば…
Lunaさん、こんばんは。
今日はこんな時間になってしまいました。

2話連続で、ハ元内官のお話しで
Lunaさんがどれほど、このナムジャに思い入れが深かったのかわかります。

もう少し早く、宮の法度は改正されていタラ…
あとちょっと、あの二人が大きな波に飲まれず
しっかりとした信念を貫いていレバ…

人生に「たられば」は、付き物ですもんね。
きっとこの二人なら、同じような過ちは二度と起こさないはず。
また意外なシーンで登場するのを待ってます。

暖かくなったり寒が戻ったり、目まぐるしく天気が変わりますね。
腰の容態はいかがでしょう?
くしゃみは要注意ですよー!



[2017/02/20 18:02] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: 宮の太陽…
くこまりぶーさん、こんばんは。

ご心配をおかけしております。
まだ、痛いのです・・・
寒い時に一気にしてしまおうとしたのが
私の腰ちゃんの拒絶にあったという感じ?
何だか、「何すんねん!!」と言われた気がしました。

先週で終わりにしようと思ったお話を、引きずっております。
私はこの2人にすごく思い入れがありまして。
特にシンくんとハ内官の絡みは、まだ心にくすぶっています。
でも、でも。
私も前に進まねば!と、今日のお話をもって2人にサヨナラしますね。
チェ尚宮とユ尚宮と共に、チェギョンの応援に精を出さないと。

いつもありがとうございます♪
ちゃんと治して、前向きなお話を書いていきたいです!
チェギョンも私もファイティン!!だわ。
[2017/02/20 21:33] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: たら…れば…
ぶんちゃん、こんばんは。

そのとおり!
ハ内官は、私の理想を集約したお方。
勿体ない病になったくらい残念でした。
でも、こういうシュチュエーションにしたのは
きっと心に従った結果です。
存在を残したくて、お話を変えるのは違うかなって思いました。

ぶんちゃん、また痛いのよ~!
右側が特に痛くて、時々腿の付け根までピリピリするの。
ドーンと重い感じは減ってきました。
日にちが解決してくれると、ひたすら耐える日々です。
花粉が飛び始め、くしゃみを一つ。
途端に腰にビーンときました。
怖いわァ~!

今日もありがとうございました。
また寒くなるらしいから、ぶんちゃんも腰気をつけてね♪
[2017/02/20 21:42] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/02/21 11:49] | # [ 編集 ]

Re: 無題
鍵コメのRさん、こんばんは。

傷ついた心は、原因を一つ一つ解決する事から始めないと・・・
チェギョンはマスコミ恐怖症だけではなく
蓄積された疲労にもあると思うんです。

すっきりせずに残った心の澱を取り除いてあげないとね。
みんなが幸せって訳にはいかないでしょうが
閉ざされた成長不足な宮が、もっと大人にならないとって思います。

コメントをありがとうございました。
まだまだ寒いからお気をつけ下さいね♪
[2017/02/22 21:24] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/865-a7c75f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)