宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 23
韓国を飛び立つ前日、彩はガンヒョンと共に宮にやってきた。
ガンヒョンも仕事を持つ身だから、時間は午後7時。
公務のあるシンは共にできなかったが
皇后様と公主様と4人での楽しい夕食会となった。

「ハナ様、大きくなったわね。」

「本当に・・・何だか感動しちゃう。
チェギョンがお母さんをしてるなんて。」

友人2人は、先程からスプーンを片手に猛烈な食欲を見せるハナに釘付けだ。

「ハナ~、ゆっくり食べなさいよ。
女の子なんだから、ガツガツしないの。」

ハナの口を拭きながら、チェギョンが言う。

「この人に言われてもね・・・
全然、説得力ないよね~。」

ガンヒョンに言われた彩は、苦笑するしかない。


「で、インとは当分遠距離恋愛ってわけね。」

今度はハナの手を拭きながら、チェギョンが聞いた。

「そうね、当分・・・ではなくてずっとそうなるかな。」

彩はサラッと答えた。

「「ずっとって?」」

チェギョンとガンヒョンの声が重なる。

「この世にいる人の数だけ、それぞれの愛の形があって。
それは、いつも一緒にいなければならないものとは限らないでしょ?
物理的に無理なら、離れて暮らすのも仕方がない。
私達の人生の一部がしっかりリンクし合っていれば、いいかなって思う。
お互いの生き方を尊重し合っていくには、この方法しか見つからないの。
今は・・・ね。」


チェギョンとガンヒョンは息を呑む。
彩の言葉を理解するのに少し時間が必要だ。

「ヤッダー!
2人とも真剣な顔をしないでよ。
とにかく、今はってことだから。」

彩は顔の前で大きく手を振った。


「・・・インは? どう言ってるの?」

ガンヒョンが遠慮がちに聞く。

「インが提案したの。
軍にいる間に頭を冷やしてみたって。
一緒になりたいっていう気持ちだけが大きくなって
全体が全く見えていなかったって言うの。
これからの時代は小さく自国に収まっていてはいけないのに
日韓の架け橋になろうとしている人の足を引っ張ってどうすんだ!
という考えに至ったそうです。」

「ほう~。」 「へーえ。」

あの一途な男インが、よくもまあ、すごい決心をしたものだ。

「時代は動いていくもの。
日韓の関係もまた動いていくはず。
私が日本を飛び出して、韓国の大学に戻ってくるかもしれないし。
今は、今できる事を精一杯頑張る。
それはインに対しても、自分の仕事に対しても同じだから
一つの迷いもないわ。」

ガンヒョンとチェギョンはため息をついた。

迷いだらけの2人にとって、目からうろことはこのことだ。
彩はすっきりと生きている。
周りを取り巻く障害や不条理な事は潔く切り捨て
自分と愛する人だけを中心に考えた結論だ。

冬の冷たさの中に凛と立つ『サムライ』魂を見た気がした。




「遅くなってしまってごめんなさいね。」

車寄せまで、ハナと見送りに出たチェギョン。
宮の車で送りたいところだが、公私は別にしなくてはならない。

「大丈夫よ。
2人で話しながら帰るのが楽しいの。
しばらく会えないしね。」

ガンヒョンが言うと、チェギョンの大きな瞳に涙がたまる。

「そう・・・だよね。
もう、なかなか会えないよね。」

「いーえ、皇后様。
ここは蔵書や美術品の宝庫でございます。
時々お伺いして、勉強をさせていただきたいです。
これからもずーっと!」

「あ、や・・・」

チェギョンの目から涙があふれ出た。
ハナは母親の顔をキョトンと眺める。

「ほーら、ハナ様が困っていらっしゃるわ。
泣き虫ママでしゅね~。」

ガンヒョンはハナをあやす。

「チェギョンは、今チェギョンが出来る事をすればいい。
一生懸命やれば、後悔はしないと思う。
雑音とか面倒な事には耳をふさいで、ただがむしゃらに。
きっと、今はそういう時なのよ。 私達。」

「えっ?」

彩の言葉にチェギョンは目をぱちくりする。

「あ、忘れてた。」

ガンヒョンが、ポンと手を打って言った。

「ソルラル(旧正月)でチェギョンとハナ様が着たフュージョン韓服が
巷で大人気なんだって。
結婚式やパーティに着ていく服NO.1に選ばれたみたいよ。
さすが~、チェギョン!! 
しかもまたハギレで作ったというのが大ウケというの。
これは、ヒスンとスニョンからの伝言です。」

今年のソルラルは、親子3人の正式な韓服写真と
チェギョンが手掛けたフュージョン韓服を着た母子2人での写真も発表した。

「やっぱり皇后様は皆の光なのよ。
暗い話題ばかりのこの国にさす一条の光。」

彩の言葉が心に響いた。


「あんにょん!」

「またね、あんにょん!!」

友達の姿が小さくなっていく。
光化門の向こうに消えていくまで、チェギョンはずっと立っていた。


「ハナ。
オンマは、友達に愚痴も言えないの。
そういう立場の人だから。
苦しいって叫ぶ事もできなかった。
でも、みーんなお見通しだったわ。
私もまだまだね。」

お母さんの顔は困った時の顔。
眉毛がハの字になっている。

ハナの手がチェギョンの頬を包む。
と、いきなりムギューと両側に引っ張った。

「いったーい! なにすんのよっ!!
もう、あんたは降りて 一人で歩きなさい。」

ハナは喜んで長い廊下をトコトコ歩いて行く。


「ハナにもこんな友達ができるといいね。」

チェギョンはその小さな後ろ姿につぶやいた。







コメント
おはようございま~す
Lunaさん、お話しの更新ありがとうございます。
良かった、一月中に読めて(決してイヤミではございません)

インの提案、彩の決断。
あらふぃふのオバちゃんには、ちょっと難しいです。
新幹線で数時間の距離でも、続かなかったかっぽーを沢山見てきてるからね。
それが国境を越えるなんて…

でも時代の流れとともに、こんな形も増えているのでしょうね。
週末だけ一緒にいるとか、逆に週末は別々に好きなことに没頭するとか。
お互いを信頼しあって、尊重してるからこそ成せる業だと思います。
まだ若いイン彩コンビには、この際いろいろ経験してもらいまひょ!

ちょっと面白いと思ったのが、チェギョンに対してはタメ口の二人が
ハナちゃんには、敬語を使ってること。
やっぱり生まれながらの公主様には、気を使ってらっしゃるのかしら?


旦那様のインフルは完治しましたか?
私の近辺でも、じわじわと蔓延して来てます。
ご年配の方がいると、尚更予防に慎重になりますよね。
Lunaさんも感染しないように、注意してください。

お話しの更新は、急がず焦らずLunaさんのペースでお願いします。

ではまた来月。
あんにょん!

[2017/01/30 07:25] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/01/30 07:49] | # [ 編集 ]

Re: おはようございま~す
ぶんちゃん、おはようございます。
早速駆け付けて下さり、ありがとーーー!!

会社の方に、中国人の奥さんがいらっしゃる人がいて
奥さんと子供さんは中国で生活しておられます。
旧正月にゆっくり会えるのを楽しみに仕事をされ
その様子を見ていたら、これからこういう結婚生活も増えるかな?って思ったのです。
そう言う私は名古屋ー京都の遠距離を乗り越え結婚したカッポーなのよ。
当時でも1時間かからなかったですけどね。(笑)

ハナちゃんはやはり宮の公主様ですから、母親の友達でも
「ハナ様」かな?と。
チェギョンの方が偉い方のはずなのですが・・・友達だからいいかしら。

ダンナはすっかりよくなりました。
予防接種をしてたので軽く済み、頑張ってお仕事してまーす。
ご心配、ありがとう!

ノロノロ運転が続くと思いますが
今年もどうかよろしくお願いいたしまする♪
[2017/01/30 08:00] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、おはようございます。

お話がずっとアップできなかったのに
毎日来て下さってありがとうございます♪
感謝の気持ちでいっぱいでした。

今を精一杯生きる。
人それぞれ抱えているものが違うけど
みんな前へと向かって生きていらっしゃる事が
私を後押ししてくれてます。
per~さんは、とてもアクティブで
いつもすごいな~って感心します。
生活を楽しみ、自分を生かす。
それを実践しておられる方。

ただただ生活に流されている私。
頑張って見習いたいと思っています♪
[2017/01/30 08:14] URL | Luna #- [ 編集 ]

おはようございます☆
Lunaさん~
更新ありがとうございます(^-^)v
日参しながらお話が難産かな~体調を崩されているのかな…と心配になりながらお待ちしておりました☆
今や日本全国インフルもノロも大流行ですものね! 空気の乾燥大敵です!

そして韓国のチェギョンも活動し出してくれて何よりです(^-^)v

彩とイン君が出した結論はシンプルでありながら一番難しいものですね!

潔い二人ならではの遠距離恋愛そして別居結婚にも繋がるのかな…

まず核となる二人の確かな愛情が存在するから!

それがぶれなければ、強い二人だから環境の変化に伴いながら模索していくのでしょうね!

チェギョンとガンヒョンの驚きは当然でしょうけど…学問の道と恋愛の両立を貫くように背中を押したイン君もすごいです☆

そしてガンヒョンと彩の暗黙の励ましにチェギョンも頑張り時ですね!
大切な親友たちは全てお見通しで言葉にしなくても理解し応援してくれて…感激です!


ハナちゃんにも是非そんな存在がいて欲しいです! きっといてくれますね♪
Lunaさん~久しぶりに「Lunaさん一家」にお会いできて嬉しいです(^-^)v
定期的じゃなくてもいいので決して無理しないで下さいね☆

ありがとうございました☆
[2017/01/30 09:01] URL | くこまりぶー #- [ 編集 ]

Re: おはようございます☆
くこまりぶーさん、こんにちは。
ホントに久しぶりの更新になっております。

ずっと来ていただいて、ありがとうね~♪
12月の疲れが取れそうになってきたら、ダンナがインフル。
年老いた母と同居の我が家は、強制的に隔離生活!
引きこもりのダンナにせっせと1週間ご飯を運びました。(笑)
その後も何やかやで、なかなかお話を紡ぎ出せず・・・
やっと1話書けた次第です。

しばらくの間、どこかに籠って執筆できたらいいのに。
でも、そしたらぐうたら寝て 結局何も書かないかもです。(爆)

彩とインのお話は、また書こうと思っています。
多民族の交流で国際結婚が増えていくと思ってたのに
今の世界はまたその間口が狭くなってきています。
時代が逆行してきているような印象さえありますよね。
これからどんどんこういうカップルが増える事を願って
イン&彩には頑張ってほしいな~♪

今年はいつも以上のゆっくり更新になると思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。

[2017/01/30 14:32] URL | Luna #- [ 編集 ]

鍵コメのRさんへ。
Rさん、こんにちは。

お正月過ぎから、なかなか時間が取れなくて
落ち着いて書けなかったのです。

今年もウリシンチェをよろしくお願いいたしますね~♪
また次回も元気にお会いしたいです。

アンニョン♪
[2017/01/30 14:39] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/862-6337efab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)