宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 22
チェギョンはハナを抱っこしたまま
エントランスをウロウロ歩きまわる。

    ああ、こんなことならジミンの番号を聞いておくのだった。

あれからすごく気になることがあった。
ジミンはなぜチェギョンの病気を知っていたか、だ。
宮から漏れたなら大問題だが、その線は薄いと思う。
王族会事件の後、職員の大幅な人員整理をしたため
宮は慢性的な人手不足だ。
だが、そのせいで 今いる職員達は信頼が置ける者ばかりが残った。
ましてや、お家断絶となったリュ家の娘ジミンに
わざわざ知らせる者などいようはずがない。
ジミンの自信満々な態度を思い出すと尚更不思議に思えてくる。

     ジミンは絶対に知っていた。
     ああ、気になる~。

「オンマ、オンマ。」

ハナは下へ降ろせと催促してくる。
降りたら最後、トコトコとどこかへ行ってしまうのだから
考え事をしている最中は抱っこをしているに限る。

「ダメよ。
まだ降ろしてあげなーい。」

「あーあー、オンマーー!」

ハナはエビ反りになって抗議する。

「危ないじゃないの、落ちちゃうでしょ!」

「あーん!」



「降ろしてやれよ。
あちこち歩き回りたいんだよ。」

背後からシンの声がする。
途端にハナの顔がパァーと明るくなり
「アッパー♥」と、声のトーンが変わった。

「じゃあ、シンくんが子守りしてね。
私は休憩します!」

シンが両手を差し出すとすぐに、ハナはその胸へ飛び込んで行った。
父は娘を抱っこしてイチャイチャとあやしている。

    あーあ、こんなに小さくても女なのよね~。
    イケメンが好きみたいだし。
    あ、そうか。
    ハナは産まれてからずっと、シンくんとユル君ばかり見てる。
    世の中の男がみんな美形だと思ってしまうかも。
    家のアッパやチェジュンともっと接触させないといけないわ。

チェギョンは頭をぶんぶんと振って部屋に戻った。

と、ポッケの中で振動が。
確かめると、例の個人携帯に見た事がない着信。

    ジミンだ。

チェギョンは誰もいない部屋を用心深くキョロキョロと確かめる。

「ヨボセヨ。」

「私です。
今、お話してもよろしいかしら?」

「ええ、ちょうど一人なの。
大丈夫よ。」

「本当に皇后さまの番号でしたのね。
私、からかわれているのかと思いました。」

「な、訳ないでしょ。
私を待って、トイレの道具部屋に潜んでた人をからかうなんて。」

「やはり、チェ・ジノさんのおっしゃるとおりでしたわ。
あなたは相当甘い!
もう皇后様になられたのだから、もっと用心しないといけません。」

「待ち伏せしてたあなたに言われたくない。
ははーん、これで読めたわ。
ジノさんが私の病気の事をあなたに教えたのね?
でも、わからない事が2つ。
ジノさんはどうして私の病気を知ったのかと
あなたとジノさんの接点よ。」

「私とジノさんの接点は、もちろんあの事件で私が逮捕されたからです。
彼はどんなに面会拒否をしても諦めなかった。
とうとう根負けして会った時、
彼の口から溢れ出てくる「妃宮様愛」に呆れましたわ。
でも、同時に 彼が語る皇太弟殿下の成長ぶりに
とても興味が湧きましたの。
あの事件の時、あなた様が殿下に私に謝れと言って下さった。
正直驚きました。
あなた様を傷つけようとした私に謝れだなんて。
しかも天下の皇太弟殿下に。
そして、もっと驚いたのは殿下が素直に謝って下さった事です。
この話をジノさんにしました。
彼は眼を閉じて聞いていて、それから一言言ったのです。
『彼らは僕達が韓国を託せるに値する人物だ。』と。
それから、ジノさんは時々面会にやってきては
『充分反省して、これからは君が殿下達を守るんだ。』と言うのです。
最初は意味がわからなかったのですが、ジノさんと話すうちに
私しかできない事が見えてきました。
それを今、実行しようとしています。」

「要するにィ~、女ジノみたいになろうとしているの?」

「ほほほ・・・あなた様は分かりやすくていいですわ。
手短に言えば、そうなります。」

「有り難いのだか、どうなのか・・・判断に苦しむけど。」

「あらっ、結構窮地を救っていますのよ。
ご存じないとは思いますが。」

「全然、確認したくない。」

「くくく・・・だから、あなた様は面白いのですわ。」

「何よ!
で、ジノさんは何で私の病気を知っていたのかしら?」

「皇后様の病気に関しては、複数の記者が薄々感づいていたそうです。
ジノさんや他社の記者達は宮の裏口に張り付いていた。
そこから出てくる車を手分けして追いかけたそうで
医師達の素性は早い段階から掴んでいた。
皆、有名な心療内科のお医者様ばかり。
おそらくは、あの日から皇后様は声を失われたのだと。
だが、彼らはスクープをためらったみたいです。
元はと言えば、自分達が皇后様を追い詰めたせいです。
このまま皇后様がお出ましにならないような事態になったら
それこそ、楽しいスクープも何もない。
幸い、これに気が付いた記者達は、
他社同士でも日頃から懇意にして情報交換もしている間柄。
皆で申し合わせて、しばらく様子をみようという事になったそうです。
そのうちに、皇后様の公務再開の報が流れ
彼らのスクープも自然消滅した。」

「そうだったの・・・」

「マスコミも捨てたものじゃないです。
皆、あなた様の事を大切に思っているのですよ。」


チェギョンは電話を持ったまま、考え込んだ。






コメント
鍵コメのRさんへ。
Rさん、今日もありがとうございます♪

師走なので、一層のノロノロ更新になっておりますが
今日はどうしてもアップしたかったの。
ジミンの疑問は今年の内に明らかにしたくて。
アセってたので、あっさりしたお話になってしまいました~。(笑)

実は私もガラケーです。
私はパソコンで書いているので、携帯はほとんど使わないのです。
画面も文字も小さいし、面倒かな~って。
だんだんガラケーは、世間で片隅に追いやられてきてますね。
そろそろ機種変更する時期なのですが、迷います。
今は携帯電話に全く縛られない生活をしてて快適なの。
この自由を手放したくないとつくづく思うのです。
たくさんの情報は得られるけど、自由な妄想は湧いてこなくなりそうで怖い。
只今、真剣に考えていることの一つです。
[2016/12/15 14:03] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/12/15 19:22] | # [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんばんは。

京都は寒かったでしょう?
底冷えしますものね。

per~さんちの『桜吹雪』ちゃん、綺麗ですね。
もう、春がきたような・・・
お花が好きなper~さんらしいチョイスだって思いました。

チェギョンとジミンは不思議な縁です。
あの時、チェギョンが結婚を断ったなら
もしかしたら、ジミンが今頃皇后かも・・・
それは無いかな。(笑)
これからも関わりたいジミンと、ちょっと迷惑そうなチェギョン。
このコンビも面白いのではと思っています。

今日もありがとうございました♪
明日も寒そうだね。
暖かくして出かけましょうね。
[2016/12/15 22:06] URL | Luna #- [ 編集 ]


Lunaさん~
こんにちは~☆

更新ありがとうございます(^-^)v

ジミンにはそう言う秘話が存在したのですね!


チェ・ジノの「よき策略」によりある種見えてこない部分でチェギョンは救われていたのでしょうね!

皇后静養中の記者たちの動きも暴くものではなくチェギョンを案じる気持ちが強かったようですね!

私もジミンに甘いと叱られると思いますが、見えない部分でサポートする人達を信じたいと思います!
個々のエピソードに感動しました!
彼女のような人間は敵にすると怖いけど味方となると最強かと…
女ジノ版誕生も記者たちのある意味エールもチェギョン自身が現状をよく考える機会になりそうですね!

多分皆はチェギョンにしかできないスクープ(笑)を心から待ち望んでいるのでしょうね!

チェギョンらしさ溢れる皇后の姿…
まだまだ悩むのでしょうね!

Lunaさん~ハナちゃんは幼い頃から男性はイケメンと決まってますよね(笑)
イチャイチャあやすシン君を見てみたいです!!


今週も更新ありがとうございましたm(__)m
[2016/12/16 13:40] URL | くこまりぶー #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
くこまりぶーさん、こんばんは。
コメントをありがとうございました♪

今夜は遅くなりました。
一旦ログアウトしたら、ブログに入れなくなって
何度も試した揚句、パスワードの変更をするように言われ。
それが、なかなか承認されなかったの・・・

チェギョンが感じた不信感が簡単に拭えるとは思いませんが
少し前進するのではないでしょうか。
彼女の発言がすぐにニュースになると言う事は
それだけ注目度が高いという事。
前向きに捉えて頑張ってほしいですね。

シンくんがハナちゃんをあやす姿、私も見たいです。
彼、この頃素敵ですね。(中の人よ♥)
いい男になりました。
それに比べ、ウネちゃんの露出が少なくて心配です。
この2人で、宮でなくてもいいからドラマをしてくれないかな~。
並べて見てみたいです♪
[2016/12/17 01:24] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/12/17 21:19] | # [ 編集 ]

Re: タイトルなし
鍵コメのKさん、こんばんは。

年の瀬で何かと忙しく、続きが全然書けておりません。
公私共にする事が多すぎで・・・

優しいお言葉に心が温かくなりました。
ありがとうございます♪

寒い中、明日は町内のお餅つき。
実は今年、組長さんなの~。
年末はいっぱいお手伝いする事があって大忙し。
それやこれやで、ワサワサしています。

何とか無事乗り切って、新しい年を迎えたいな。
頑張りまーす!!
お話は気長に待ってて下さいね。
寒さを吹き飛ばすような暖かいお話でお会いしたいです。

kさんもお身体に気をつけてね。
あんにょん♪
[2016/12/17 22:45] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/12/21 21:41] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/860-66071b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)