宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 15
遠慮がちに着信音が鳴った。
そう感じたのは、チェギョンに後ろめたい気持ちがあったから。

ガンヒョンからだ。
気を使って、気兼ねして、悩み抜いての電話。
わかっているのに、出られない。
声が出ないのはもちろんなのだが、
今の自分の状態を宮の人間以外に知られてはならないのだ。

しばらくしてからメールを打つ。

     風邪がなかなか治らなくて、声が出にくいの。
     医師から声を出すなと言われていて電話に出れなくてごめんね。
     みんなにもそう伝えておいて下さい。

ガンヒョンがどこまで信じているか・・・
これで三回目の言い訳をみんなも変だと思い始めているのでは?
それが一番つらかった。
友達は絶対に口外するような人達じゃない。
だが、もしも何かがあって情報が漏れたりしたら
一番先に疑われるのは彼女達だから。
心を鬼にして、敢えてだんまりを決め込む。
それは自分に課したルールだ。



「お医者様がお見えです。」

ユ尚宮の声で、ハナが起きた。
チェギョンは自分の腕から、ユ尚宮へとハナを託す。
お昼寝から目覚めたばかりのハナは、まだボーッとしていた。

     ハナ、行ってくるね。

別館の部屋で今日も診察を受けることになっていた。
回復の兆しが全く無い事に、周りがアセり出したのを感じる。
いや、感じさせないようにしているのがわかって困る。
それもプレッシャーになっている事に、チェギョンは気がつかずにいた。



「皇后様、このろうそくの灯を吹き消して下さい。」

新しい試みが始まった。
チェギョンはフゥーと息を吐いて消す。

「お上手です。
今度は吹く時に喉に力を入れてみて下さい。
イメージとしてはウーーと唸るような感じです。」

フゥー、フゥー、フゥーーー!

唇の震える音がむなしく続く。

「大丈夫ですよ。
だんだんに力が入ってくると、音が出ますからね。」

医師はメガネをずりあげながら言った。

それから何度もトライしたが、チェギョンの口から音は出なかった。
額に汗が滲み出てきたのを見て、医師はろうそくを自ら吹き消した。

次は喉に手を当て、空気を吐く練習。
手に何がか響くようになれば、発音ができるという準備になる。
これは話す事ができる人にとっては何でもない事だが
失声症の人には無反応が手の感覚として残るため、却ってつらい。


「今日はここまでに致しましょう。」

医師は落胆を押えて、無表情で言う。
それはそれで、また辛かったりするチェギョンだった。



チェギョンは重い足取りで洋館へと帰る。
廊下はひんやり冷え切って、外はかなり寒いと思われた。
歩きながら外を見ていると、誰かが懸命に手を振っている。

     あ、サンヒョンオッパだ。
     見回りの時間かな?

と、突然その前に立ちふさがる長身の男。

     シンくんだ~。
     ん?

サンヒョンはその後ろから顔を出して、尚も手を振る。
シンはそれを阻止しようと必死で身体を揺らして妨害する。

     なに、やってんのォ~。
     皇帝とイギサがじゃれ合って・・・子供かよっ!
     わっ、次はなに?

今度は茶髪の皇子がその前に登場してきた。
美しい笑顔で、しかも両手でハートマークを作っている。
それを見たシンは、またしても闘志を燃やし
その前に出て、チェギョンに見せまいと必死になっている。
ついに3人でハートマークの競争になった。

     もう~、みんなバッカじゃないの!
     本当におバカさん達・・・

なぜだか、涙が出てくる。

     やだ、泣いちゃいけないのに・・・
     笑わなくてはいけないのに。
     どうしよう。。。


その時、後ろからそっとハンカチが差し出された。
ふり向くと、コン内官がひっそりと立っていた。

     アジョッシ・・・
     ああ、アジョッシ!

チェギョンは思わずその胸に飛び込んで泣いた。
音にはならない叫びと嗚咽を、小さな老人はしっかりと抱きとめる。


窓の外には、悲しいピエロが3人。
寒空の下で佇んでいた。




コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/11/14 07:12] | # [ 編集 ]

おはようございます
更新ありがとうございます。
久々に遅刻しないで訪問できました。

勝者はコン内官(笑)
立派なナムジャたちの
それもかなりのイケメン揃いが繰り広げるパフォーマンスも虚しく
今回は老人の無言の優しさが一人勝ちですね。


ガンヒョンは納得しないでしょう。勘が鋭い彼女の事だもの。
だから却って「見ざる聞かざる言わざる」に徹してくれるはず。


Lunaさん地方、今朝は雨でしょ?
ぶんちゃん地方は夜から雨予報なので
残念ながら、せっかくのスーパームーンが見られそうにありません。

では次回も楽しみにしています。
(^.^)/~~~





[2016/11/14 07:33] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、おはようございます。 
昨日は暑いくらいでしたのに、もう今日は雨模様。
主婦としては日曜日に快晴なのは有り難かったです。

風邪のように日にちが経てば治るというものではないだけに
不安やアセリは半端ないでしょうね。
平常心でいようと心がけても、なかなかそうはいかない。
この辺りの描写は、書いていて心が痛みました。

いつも応援を頂いてありがとうございます♪
いっぱいの愛をもらって、チェギョンは頑張ると思いますよ。
ファイティン!!です。
[2016/11/14 08:12] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: おはようございます
ぶんちゃんさん、おはようございます。

あははは・・・確かにィ~!
イケメンのオッパ達、シブイおじさんにはまだ勝てないわね~。
まだちょっと青いのよね。
それはそれで、このおばちゃんは好きですけどー。

ガンヒョン達はきっと理解してる。
チェギョンの異変も聞いてはならない事も。
でも、ちょっと声が聞きたかったのでしょうね。
皆がガンヒョンに聞いてみてよ~って言ってる図が目に浮かびます。

こちらはすでに曇り空で、いつ降ってくるかわからない状態です。
気温はさほど低くないのですが、日差しがないので肌寒く感じます。
スーパームーン、残念!!

今朝もありがとうございました♪
次回は力を入れて書きました。(いつもそうしろよって話ですが)
木曜日、お会いしましょうね♥
[2016/11/14 08:22] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/11/14 09:02] | # [ 編集 ]

Re: タイトルなし
鍵コメのTさん、こんにちは。
今日もありがとうございます♪

最初はサンヒョンをもっと前面に持ってくる予定でしたが
この3人の方が面白いかな~と。
そしてコンアジョッシは満を持しての登場です。
ここはやはりこの人が引きうけて下さらないとね。
今、チェギョンが一番素直になれる胸かもしれないです。

ガンヒョン達はきっと何かを感じ取っているはず。
でも、昔からのスタンスで見守ってくれているのでしょう。
ドラマの時もそうでしたものね。

今日は韓国も冷たい雨が降っているようです。
チェギョンもスーパームーンが見られませんねぇ。
[2016/11/14 13:52] URL | Luna #- [ 編集 ]

コン内官…
Lunaさん~
こんばんは~☆

更新ありがとうございます(^-^)v

長いつきあいのガンヒョンなら異変に気づいているでしょうね!

でも彼女達のためにも秘密を守ることが最善なのですね!

親友にもすがれず、皆の献身がプレッシャーになってもおかしくない今、コン内官からのハンカチが複雑な涙腺崩壊の引き金となりましたか…

寒空のお外の三人もチェギョンへのそれぞれの愛情が溢れているからこそのおかしな行動ですね!

悲しみのピエロさん達…ガラスの向こうに見える姿は胸が痛いでしょうね(泣) 次回更新お待ちしてます♪

Lunaさん~相当酷い鼻炎でお辛そうですね!鼻血は治まったでしょうか…

せめてスーパームーンが見れるといいですね(^-^)v
こちらは昨夜は見れましたが今夜は残念ながら無理かな…☆
[2016/11/14 18:07] URL | くこまりぶー #- [ 編集 ]

Re: コン内官…
くこまりぶーさん、こんばんは。
今日もありがとうございます♪

ギリギリのところで我慢している時、
泣いてしまった方が明日に繋がる事ってありますよね。
大人になって、それもだんだん難しくなってきますが。

ここがチェギョンのギリギリだったのかな~って。
で、コンアジョッシの登場。
やはり年の功ってある!
そう思うこの頃ですよ。

ガンヒョン達もきっとわかっている。
今までもそうしてきたように、黙って見守るだけ。
そういう友情の形も有りですよね。

くこまりぶーさん、こちらもスーパームーンは無理でした。
まだ雨が降っています。
韓国も雨だって! なんか嬉しくないですか?
[2016/11/14 22:03] URL | Luna #- [ 編集 ]

鍵コメのRさんへ。
Rさん、こんばんは。

意識しないようにしても、プレッシャーは感じますよね。
楽にしてあげたい一心のイケメン3人。
そっと寄りそうアジョッシ。
皆もつらいのは同じです。

うちらの皇后さまもきっとつらかったよね・・・
そんな風にも思ったりするこの頃です。

今日もありがとうございました。
手の具合はいかがですか?
お大事にね♪
[2016/11/14 22:07] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/852-1bc36e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)