宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 11
12月はまるで早送りのように過ぎていく。

毎年の事ではあるけれど、シンとチェギョンはたくさんの愛を届けに
西へ東へと奔走していた。

視覚障害者施設へは、クリスマスに毎年お手製の縫いぐるみを持っていく。
手で触ってもわかりやすいように、ゾウは鼻をうんと長くし
キリンの首も異様に長い。
11月から始めた制作は、子育て・公務の並行で困難を極めていた。

ある日、宮にドーンと届いた大荷物。
イギサが中身を調べると、箱いっぱいのぬいぐるみ。
チェギョンの活動に賛同した有志達が、忙しい皇后様のお手伝いにと
皆で作ってくれたらしい。
匿名の温かい贈り物を持って、チェギョンは子供達のサンタさんになった。

「みんな~、聞いてくれる?
今年の縫いぐるみは、優しい方達からのプレゼントです。
一つ一つ心を込めて作って下さったから、大切にして下さいね~。」

「はーい!」 「ありがとう。」 「わーい!」

子供達はそれぞれに縫いぐるみを持ち、その特徴を手で感じる。
チェギョンの手作り縫いぐるみが報道された時に
誰かがしっかりと見ていてくれたのだろう。
大きすぎるカバの口は、チェギョンの作った縫いぐるみにそっくり。
きちんと特徴を捉えた立派なものであった。


「また来るからね。
風邪をひかないように元気にしててね~!」

「皇后様、今度はいつ来るの?」

「うーん、そうね。
寒い冬が終わったら、また来ますね。」

「本当?」

「ええ、宮の人に頼んでおくから。
約束!!」

大喜びの子供達にバイバイと言って、次の施設へ急ごうと
チェギョンは足早に廊下を歩いていた。
その時、ふと目に留まったのは 汚れものを洗濯する職員。
ここには年2回やってくるのだが、いつも彼女は洗濯をしていた。
他の職員と交代でしているはずなら、
こんなに確率高く洗濯の場面に出くわすだろうか・・・

「皇后様、どうなさいましたか?」

「あの職員さんは、いつも洗濯をしているように思いますが。」

「ああ、彼女は正職員ではないのです。」

「・・・そうですか。」

チェギョンが福祉活動を始めてからずっと、
洗濯をしている姿しか見た事がない。
何らかの事情があるのだろうが、彼女はいつも寂しそうな横顔を見せていた。
その姿がチェギョンの心に何かを残した。


早送りの季節は、年が明けても続き
チェギョンはその忙しさに救われて、メディアに囲まれることもほとんどなく
失言や失態を暴かれる事もなく過ごしていた。

が、その日は突然やってきた。

シンと2人での公務。
しかも新しくできた温室植物園のテープカットに招かれたのだ。
チェギョンは朝からウキウキして、すごく楽しみだった。

そこは世界各国の珍しい花が収集してあり
予想以上に素晴らしかった。
美しい温室の前で、綺麗な2人のツーショットは誰もが手に入れたい。
久しぶりに大勢のメディアが集まっていた。

「温室はいかがでしたか?」

「ええ、素晴らしかったですよ。
こんなにたくさんの植物が集められたとは知りませんでした。
初めて見た花も多く、とても感動しています。」

シンはさらりと答えて、微笑んだ。

「皇后様、いかがでしたか?」

シンが答えた事と全く一緒の感想だった。
だが、少しは言葉を変えて言わねばならない。
チェギョンは焦った。

     どうしよう。
     また変な風にとられたら困る。
     何を言えばいいの?

急に不安が押し寄せてきて、チェギョンはシンを見上げた。
シンはにっこりとうなづく。

「皇后様?」

「あの・・・あの・・・」

次の言葉が出てこない。
喉を絞り出すようにしているけれど、声がそこから上がってこない。

チェギョンの異常に気がついたシンは、咄嗟に報道陣を制した。

「皇后は風邪をひいており、声が出にくいのです。
今日はここまでにして下さい。」

シンはチェギョンの肩を抱き、足早に立ち去る。

報道陣は不可解さを感じながらも、2人を見送った。





コメント
えっ!まさかの?
おはようございます。
更新ありがとうございます。

本当に突然やって来るんですね、この病って。
しかも小難しい公務じゃなく、心待ちにしていた花に囲まれての公務だったのに。

数年前、我が国の皇后様もお言葉を失われた時期がありましたね。
文字は書け声も出せるけど、それが言葉となって発する事ができないとの事でした。
やはりご自分の以前の発言へのバッシングが原因だったとも…

あの施設の洗濯女性と、今後どんな場面で繋がって来るのかなぁ。

そうそう我が家にも、手足がミョーに長いおサルのぬいぐるみがありました(←過去形)
ワンコ用です。
手足の先にマジックテープが付いていて、ワンコが背負えるようになってました(←過去形)
あっという間に狩りの餌食になって、手足は短くなりましたとさ…

木曜日も楽しみにお待ちしていまーす。
(^.^)/~~~





[2016/10/31 07:30] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: えっ!まさかの?
ぶんちゃんさん、おはようございます。
今朝も早くにありがとうございます♪

そうなの、我が国の皇后様もね・・・
今も次々と心労が重なっておられるようで、
大丈夫かしら?と思います。
皇室って閉ざされているようで、割と丸見えな部分も。
それも良し悪し・・・ですね。
皇室の有る国のおばさんが描く『宮』。
現代に場を移して、真面目に書いてみたいと思います。
(いや、いつも真面目なんだよ。ホントに。)

妹んちのワンコをよく預かるのですが
犬って縫いぐるみが好きですよね。
しかもブンブン投げて遊ぶから、すぐにボロボロ・・・
前にネコを飼ってた時は、紙袋が好きだったけど。
私達に嗜好があるように、彼らにも好みがあるのね~♪
[2016/10/31 08:07] URL | Luna #- [ 編集 ]

チェギョン~
Lunaさん~
こんにちは~☆

今週も更新ありがとうございます(^-^)v

チェギョンの心がとうとう悲鳴を上げたのでしょうか…
シン君のとっさの機転でその場を退出できましたが…大好きな花を前にしての異変は深刻な状況ですね!
もしかして、声が…!

一般庶民とは違う計り知れないストレスは徐々に負担を強いていたのかな!

これがまたバッシングとなり悪循環となりませんように…
試練のチェギョンですね!
特徴をとらえたぬいぐるみには愛情がたっぷり込められていて…
そんなチェギョンがまた乗り越えることが出来たら弱者の気持ちがさらに理解できるはずですよね…

洗い物ばかりの職員さんは何かあるのかな!?

続きお待ちしてますね☆
[2016/10/31 10:36] URL | くこまりぶー #- [ 編集 ]

Re: チェギョン~
くこまりぶーさん、こんにちは。
今日もありがとうございます♪

さすがにこちらも寒くなってきましたよ~。
冬が近いのを感じます。

> 一般庶民とは違う計り知れないストレスは徐々に負担を強いていたのかな!

彼女らのストレスはどれだけのものだろうと思います。
我が国の方々も、病気になるはず・・・
この頃、象徴の方が本当に大変そうで
私の親なら・・・って考えちゃうんですよね。
うちの母みたいに昼寝三昧の毎日に早くしてあげたいわ。

> 洗い物ばかりの職員さんは何かあるのかな!?

そうそう、これはね、伏線なのですが
早く出し過ぎちゃったのですよ~。
でも、話の流れではここなんですが
いざ出陣!の時、皆さんが忘れてるかもしれません。(爆)
くこまりぶーさん、覚えておいてね~♪
[2016/10/31 14:11] URL | Luna #- [ 編集 ]

拍手鍵コメのRさんへ。
Rさん、こんにちは。

そうなの、シンくんは昔と違いますね。
いち早くチェギョンの異変に気がつきました。
歳を重ねるってこういう事なのでしょう。

チェギョンのストレスは胃潰瘍と決まっていましたが
今度はちょっと違うようです。
人の弱い部分に出ると言いますが、さて。
続きは早めにアップしまーす!

今日もありがとうございました♪
[2016/10/31 14:16] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/10/31 14:25] | # [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんばんは。
いえいえ、いつもありがとうございます♪
本当に毎日が飛ぶように過ぎて行きますね~。

チェギョンのピンチ!!
シンくんの機転で何とかなったけど、これからが大変です。
子育て、公務だけでも大変だったのに 心労が重なって
チェギョンの身体が赤信号を灯したのでしょうね。

色んな観点から広く見られるように、アンテナを立てておりますが
雑音も拾ってしまい、なかなか難しいです。
どれが真実なのか・・・本人しかわからない事。
いや、本人もわからない事が多い。
とにかくチェギョンを元気にしなくちゃね。
[2016/10/31 18:21] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/848-7ad69c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)