宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

進め! 7
「えっーー、こんな写真まで載せてる~。
シンくんはいつ撮られたかも知らないだろうに、
ヒスンとスニョンは一体どこから手に入れるの?」

パソコンを見ながら、チェギョンは首をかしげる。

彼女達は相変わらず、シンの追っかけをしていた。
妻帯者のシンを諦めて、一時はユルに鞍替えしそうな勢いだったが
やっぱり永遠の皇子様はシンだとの事。

彼女達のブログはいつもシンの記事でにぎわっている。
今回もどこで入手したのか、イギリスでのショット満載で。
別々に公務をしていたチェギョンには新鮮なものばかり。

観衆に手を振るシン。
グレイのスーツが渋くて、端正な顔立ちが尚映える。

「いやーん、これいいわぁ~♥
保存しちゃお♪
やっぱりいい男よね・・・いかん、よだれが出てきた。」

パソコンにしがみつきながら、夫の画像にかじりつく妻。
完全に一ファンになっている。
よくわからない光景だ。

「ん?」

シンの画像に夢中で気がつかなかったが
その下の記事に目をやったチェギョンは、読みながら眼がうるんできた。

そこには、ヒスンやスニョンの視点で
マスコミ批判の記事を挙げていた。
高校生だった妃宮様は、確かに世間知らずだったし
人に愛を伝える事も下手だったと思う。
その結果、一人で空回りして皆に迷惑をかけてしまった。
だから、彼女は血がにじむ思いでここまで頑張って来た。
マイナスから始まった宮生活を、その努力で見事にプラスにし
今まだ発達過程にあり、日々成長し続けているのだ。
出発が遅れた分、これからの目覚ましい成長が楽しみだ。
彼女は褒められて伸びるタイプだと思われ、
皆でいっぱい褒めてどんどん成長させていこうではないか。
そんな風に締めくくっていた。

「あんた達、何様よっ!」

パソコンに突っ込みながらも、チェギョンはうれしくて泣けてくる。
今までも彼女達はこうして援護射撃なる事を続けてきてくれた。
どんなに助かったかしれない。

「・・・ありがとう。」

チェギョンは目にも止まらぬ速さでメールを打つ。

感謝の気持ちをたっぷりと。
そして、「既婚者に手を出すな!」の警告も忘れずに。

スニョンからすぐに返信がきた。

   『面白い記事があるよ。
   書いたのは女性週刊誌の記者らしいんだけど
   彼女はチェギョンの事をよく知ってる感じがするのよね。』

下にURLが貼ってある。
興味を覚えたチェギョンは、そこへ飛んでみた。



気になるコラムを集めたそのサイトは、『言いたい放題』の題目どおり
色んな言いたい放題が集めてある。
ここ1週間は皇室関連の記事がダントツで
まさに言いたい放題の無責任な文章が躍っている。

「何よ、これ!」

公の記事は正直悲しかった。
頑張っても頑張っても、人々の興味はファッションであったり
昔のゴシップだったり、揚げ足取りだったり・・・
大層な事をしている訳ではないと自覚しているが
せめて『今』だけを書いてほしかった。
どうしたって過去はもう変えられないのだから。
たくさん反省をして、前を見ながら必死で歩いてきた。
過去の呪縛から解き放たれて、どんどん進みたいのだ。

だが、人は他人の不幸が大好物だ。
中傷記事はさらに膨れ上がっていた。

「ふーう。
スニョンは何を見ろと?
ひどい記事ばかりじゃないのよっ。」

チェギョンはパソコンを閉じてしまいたくなった。

「ん?」

チェギョンの目が、一か所で止まる。


『皇后様渡英に伴う様々なゴシップ記事に物申す!』

チェギョンは慎重に読み進めていく。

  皇后様はダイアナ元妃の真似ができるような器用な人間ではない。
  あのお方は、何かをどうこうしようと考える前に体が動くタイプで
  元々そんなに考えて行動しているとは思えず。
  ただ単に、子供好きで面倒見がいいだけなのだ。
  ファッションにしても、外国の名だたるファッション雑誌に
  追いかけられるような高価なものは一つもない。
  よくよく見れば、どこかで目にしたものばかりを身につけている。
  持ち前の奇抜な発想で、リフォームして新品に見せているだけである。
  税金の無駄使いと騒ぐ前に、彼女の着回し術を参考にするべきだ。
  マスコミは、過去の失態をいつまでほじくり返すつもりなのか。
  そんな事ばかりしているから、この国は前に進めないのだ。
  皇帝夫婦は過去の過ちを素直に認め
  懸命に宮を建て直そうとしている。
  彼らの頑張りを、我が国は世界に誇るべきだ。
  脚を引っ張ってどうするというのだ。
  昨今の状況は、情けないとしかいいようがない。

記事は、竹をスパッと切ったようなすっきりした後味だ。

チェギョンは驚いて、しばらくは開いた口がふさがらなかった。





コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/10/17 07:24] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/10/17 07:27] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/10/17 07:34] | # [ 編集 ]

既婚者に手を出すな(爆)
Lunaさん~
おはようございます☆

今週も月曜日からチェギョンに会えて嬉しいです☆
更新ありがとうございます(^-^)v

ヒスンとスニョンには、いつも助けられてありがたいですね!

チェギョンの笑顔も涙も、たくさん見てきた彼女たちですから真実の文字ですよね!

でも釘をさすことも忘れず(笑)

そしてネットを網羅している彼女達ですから、こんな掘り出し物の記事も知らせてくれますね!

この記事はあの彼女かな!?
チェギョンをよく知ってますね!
公の部分をきちんと見てくれているようです!

また色々な展開が待ち受けているようですね☆


楽しみにお待ちしてます♪
[2016/10/17 09:04] URL | くこまりぶー #- [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんにちは。
今朝はすごい雨でしたね。
今日もありがとうございます♪

キャサリン妃もダイアナ元妃と比較されていますね。
しかも、服の趣味まで酷評されたり・・・
素敵なイブニングドレスを着ている時はさほど報道されず。
人ってイジワルなんですかね~。

ヒスンとスニョンは相変わらずの宮オタク。
正しくはシン皇子オタク。
彼女らのブログがあったら絶対いってみたい♪
チェギョンにはいい友達がいて本当によかったと思います。
気になる記事を書いたのは誰でしょう?
もう少し後に種明かししますね。
[2016/10/17 14:22] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: おはようございま~す
鍵コメのBさん(丸わかりなのに、やっぱりやりたいの)、こんにちは。

よくぞ、鍵にして下さいました!
ピンポーン!! 大当たりでございます。
当たっても何も出ないけどね~。

その辺りのストーリーも次回書いておりますので
ふぅ~、危なかったわ。
付き合いが長くなると、越後屋の考えそうな事がわかってくるのよ。
しばらくはサクサクと行けそうです。
ストックが溜まってきて、一安心。
まだ、乱文・誤字脱字の山ですが・・・

今日もありがとうございました。
朝はお友達のところに行ってました~♪
[2016/10/17 14:29] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: 追記です
ホントに、鍵コメに感謝です。

ここの辺り、結構引っ張りますので
何かありましたら、また鍵でお願いしますね♪
[2016/10/17 14:30] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: 既婚者に手を出すな(爆)
くこまりぶーさん、こんにちは。
今日もありがとうございます♪

イマドキのお話にしなくちゃと、アナログおばちゃんが頑張っております。
ネットが普及して、検索とか有り難いのですが
人々の隅々までほじくり返すのは、マナー違反じゃないかと思うんです。
以前のように、過去が風化しないんですよね。
何かあるとすぐ、昔の事を持ちだしてくる。
有名人は可哀相です。

ヒスンとスニョンは、ネットで応戦です。
力強い一撃に感謝ですね。

> この記事はあの彼女かな!?

うふっ、皆さんわかっていますよね~。
そこまで行きつくにはまだ時間がかかりますので
ナイショにしてて下さいね。
[2016/10/17 14:38] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/844-d3d71ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)