宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

残月 34
帰りの電車に乗ったのは、外がもう暗くなってからだった。

真っ暗な田園地帯を抜けると、街の明かりが見えてきて
ソウルが近くなった事を教える。

夢のような一時間だった。
ユルとあんなに話し合ったのにすっきりしなかった疑問点が
皇后さまと話した事によって、いくつかは解消した。


    「皇子様と一緒に生きていくのは、大変なの。
    生い立ちが違うでしょ、価値観が違うでしょ、それに俺様だし。
    パスポートって何?だからね。
    でも、そんな事はどーでもいいことなの。
    一番重要なのは、彼のいる場所、宮!
    全てはそこよ。
    宮で生きていく自信があるか、どうか、なの。」

皇后さまはきっぱりと言い切った。
その表情に迷いはない。
宮とはそういうところなのだと思った。

   「だから、私はシオンさんにこれ以上言う事はないのよ。
   あなたの冷静な判断を信じているわ。」

最後はにこりともせずに、皇后さまはそう言った。




電車を降りると、時計の針は9時を回っていた。

街の雑踏を歩いていたシオンは、ふと足を止める。
周りを取り巻く高いビルはまだ煌々と明かりをつけ
忙しなく歩く人達を照らしていた。
シオンはその場でグルリと回ってみる。
人々はシオンには無関心で、
ちょっと邪魔だというように顔をしかめた。

   宮のイ・ユル殿下の嫁、シオン妃になったなら
   皆が私に群がってくるのかしら?
   全然、想像がつかない。
   いえ、こういうところに立っている事自体が有り得ない事ね。

シオンは首を振る。
いくら考えても、結論は出せそうにない。

目の前のビルにある大きなTVが、少女時代を映し出している。
皆、にこやかに笑って可愛らしい。

    この人達も笑いたくない日があるよね・・・

何だか、悲しくなる。
トボトボと歩き出すと、TVが切り替わり
なんと、先程別れたばかりの人がテレビに大写しになった。

     「皇后さま、今日の演奏会はいかがでしたか?」

     「はい、とても楽しい時間を過ごせました。
     皆さん、一生懸命に演奏して下さってありがとうございます。」

皇后さまは先程のラフな格好とは別人の装いで
柔らかく微笑みながら答えている。
その横で妻の肩を抱くシン皇帝陛下が、
愛おしくてたまらないという表情でうなづいていた。
                 ↑
(眠らずによく耐えた、えらいぞ、チェギョン♥)

「ところで、皇后さま。
最近お忍びでデパートの赤ちゃん売り場にお越しになられましたか?」

「えっ?」

「数人の目撃者がおりまして、
可愛いベビー服を選んでお買い上げなさったとか。
それから、今話題のスイーツを並んで購入されたとも聞きましたが。」

「いやー、人違いでしょう。
どこにでもある顔ですから。
子育てに忙しくて、そんな時間はございませんわ。
あははは・・・」

動揺を見せながらも、笑って誤魔化すチェギョン。

ははは・・・
シンも曖昧に笑って、2人はそそくさとその場を離れた。



TVはもう違う画面に切り替わっている。

シオンは何だか可笑しくなって、一人で笑った。

     皇后さま、あのスイーツをお召し上がりになられたのね。
     先程も甘い物に目がないご様子だったから。

     それに、全然俳優になりきれていませんよ。
     演技、ヘタすぎです。

そして、シオンはうなづく。

18歳のユルが、自分を見失うほど彼女を愛した理由がわかる。
不思議と嫉妬は少しも感じなかった。
すでに過去の思い出となった愛だと理解しているし、
今の彼らの関係が家族愛に変化してきているのを感じるからだ。
あの氷の皇子と称されたシンが、皇籍離脱を覚悟の上で
チェギョンを迎えに行ったのもよくわかる。

先程の1時間で、彼女の全てが分かったなんて言わない。
でも、惜しげも無く自分をさらけ出して語るその姿は
どんな人も虜にしてしまう不思議な力を持っていると思う。

彼女が居る宮は、どんどん変化を遂げるだろう。
漠然とだが、そんな気がする。
自分に覚悟が出来た時、彼女と共に宮に立てるかもしれない。

シオンは自分の考えに驚いた。

     これじゃあ、ユルと結婚するんじゃなくて
     皇后さまと結婚するみたいね。



明日、ユルに会いに行こう。

今の気持ちを正直に告げよう。


シオンは街の雑踏の中へ、元気よく一歩を踏み出した。




     
コメント
おはようございます
休日なのに、更新ありがとうございます。

ユル君にとっても、皇帝夫妻にとっても
宮は家。宮は勤務先。
言ってみれば非営利の自営業ってトコでしょうか。

シオンの今の気持ちは、ユル君にどう伝えるのかな?

昼間、大役を果たしたチェギョンにとって
夜の演奏会は、さぞ疲れて眠かったでしょうね(笑)


Lunaさん、そちらは毎日酷暑だそうですね。
関東も数日猛暑日が続きましたが
今日はちょっとだけ涼しい朝です。

お盆休みに突入してる所もありますが、
今年も東奔西走されるのでしょうか?

初めての「山の日」の休日ですが、
夏休み中の子供たちや、お盆休み中のお父さんたちには
あまりお得感がありませんね。


ではまたー(^.^)/~~~









[2016/08/11 07:55] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: おはようございます
ぶんちゃんさん、おはようございます。
今朝もありがとうございます♪

早朝に分別ゴミを出しに行った時
「あれっ?秋の風?」って思いました。
道を渡る風がちょっとひんやりしてたような・・・
でも、今9時過ぎは熱風に変わっております。(笑)

宮に興味がなく、敢えて知ろうともしなかったシオン。
彼女の知識はほとんど無いに等しかったと思います。
漠然としたイメージも払拭され
やっとスタートラインに立ったところ。
まだ結論を出せないのかな~?

もしも・・・の話ですが、(あくまでも妄想)
私がこの立場ならドン引きしますもの。
ムリ!ムリ!ムリ!!って。
自由に動き回りたいのはもちろんですが
好きな時にその辺で寝転びたーい!
これ、大事です。

今年は東方面へまいります。
渋滞を覚悟で、東名を走りまーす。(ダンナと娘が)
運転免許を持っていない私は、後部座席でまったりしよっ♪
[2016/08/11 09:53] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/08/11 11:58] | # [ 編集 ]

Re: くすっと
鍵コメのkさん、こんにちは&初めまして♪
コメントをありがとうございます。

真面目なお話でも、ちょっとふざけたくなる癖がありまして。
くすっと笑っていただけてよかったです。

ずっと読んで下さっていたのですか?
ありがとうございます。
思いもよらず、長い旅をしています。
ご一緒して下さって、猛烈感謝!!
どこまで行くかわかりませんが、
これからもよろしくお願いいたします♪
[2016/08/11 18:09] URL | Luna #- [ 編集 ]

鍵コメのRさんへ。
こんにちは。
こちらこそ、祝日なのにおいで下さって
ありがとうございます♪

シンチェカップルとユル君とこは確かに違います。
熱い想いだけで突っ走れた歳でもないし、
最初のシュチュエーションも違いますものね。
むしろ一番難しい年齢と言えるかも。

次を書くのは、お盆休み過ぎてからになりそうです。
旅の途中で、これからの構想を練りますわ。(笑)
暑いから気をつけて下さいね♪
[2016/08/11 18:16] URL | Luna #- [ 編集 ]

いってらっしゃい♪
Lunaさん

シオンちゃん可愛いわ~♪

苦しむだけ苦しんで答えを出して下さい

納得いくだけ考えて苦しんだ後の答えなら
しゃ~ないやん♪になるんだもんね

私なら・・受けます
共に歩いていけるのなら、それが地獄であろうとも(笑)
自分で選んだのなら、しゃ~ないもん♪


さて、お出かけいってらっしゃいませ~
[2016/08/11 21:04] URL | 墨衣の君 #- [ 編集 ]

Re: いってらっしゃい♪
墨さん、こんばんは。

おっ、ユル君の彼女ですが・・・
シオンちゃん、大丈夫ですかい?
ちょっと安心しました。
ありがとうございます♪

シンチェのような場合はともかく
こういう時は大いに悩んだらいいのですよね。
そっか・・・自分で選んだら、しゃ~ない。
潔くていいな。

明日は仕事で、13日から民族大移動に加わります。
頑張って、行ってきまーす!!
[2016/08/11 23:25] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/08/12 22:24] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/08/15 12:24] | # [ 編集 ]

Re: NoTitle
鍵コメのTさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます♪

昨晩戻ってきまして、今日はもう仕事をしています。
リコメが遅くなってしまい、ミアネヨ~!

シオンはどういう答えを出すのでしょうね。
というのも、まだ書けてないの~。
ここ数日、バタバタでパソコンの前にゆっくり座れてなくて・・・
なので、Tさんのお気持ちをしっかりいただいて考えますね。
確かに、他では体験できない人生。
一度しかない人生、かけてみるのも面白いかも。
傍観者だから言えますが。(笑)
[2016/08/16 14:17] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんにちは。
コメントをありがとうね~♪

私も昨日までちょいと猫ちゃんしてました。(笑)
いや、ヘルパーさんかな?!
とにかく、よく働いてきました。
正直言って、かなり疲れました・・・

お話の続きは、これから書くので
私にもまだわかりませんが、悲しい結末にはしたくないです。
ユル君の笑顔が好きなので、
いつも笑っていてほしいもの。

per~さんもお疲れを充分に癒して下さいね♪
[2016/08/16 14:24] URL | Luna #- [ 編集 ]

後れ馳せながら…
Lunaさん~
こんにちは~☆

家族在宅やらお盆のお参りやらでゆっくりお話を堪能する時間がなく漸く読ませて頂きましたm(__)m

チェギョンがシオンと会ったことは無駄ではなかったようで良かったです(^-^)v

最終的には自分なのですよね!
人からどう思われるとか人がこうするからとかではない…

自分の意志に芯が通っていたら迷いながらも難しい立場に身を置く勇気がでるはず!

そうなった時にはユル君は100%のサポート力を発揮すると思います!

それはシン君もチェギョンも同様に…

シオンは結論を出すまでユル君と話し合うでしょうね!!

簡単ではない現実をチェギョンらしく話してくれたから…☆

苦労の末に皇帝夫妻にも↑がある(爆)

ドラマのあのシーンは大好きです(^-^)v

今回、ユル君が「乗り越えたもの」をシオンがきちんと理解してくれたことが嬉しかったです☆


Lunaさん~猛暑の中、お盆の季節は色々お忙しかったでしょうね!

くれぐれもご自愛くださいねm(__)m
[2016/08/17 12:57] URL | くこまりぶー #- [ 編集 ]

Re: 後れ馳せながら…
くこまりぶーさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます♪

お盆は忙しかった・・・
家でもダンナの実家でも。
私達、まだまだ現役主婦という証なのでしょうか?!

ユル君が「乗り越えたもの」
これはチェギョンと会ったら、意外に簡単かもと思ったのです。
もう明らかに、2人の関係は家族だから。
そして、シオンは素直で大らかな子なのでしょうね。

ユル君とシオンは、時間をかけていっぱい悩んで
愛を育んでいけばいいと思うんです。
そう、シンチェとは正反対のバージョンで。
こういう対比も面白いかな~なんてね。

くこまりぶーさん、台風の影響はどうでしたか?
この時期に、まさか北海道に上陸するとは・・・
びっくりしました~!
名古屋は相変わらず、蒸し風呂でーす!!
[2016/08/17 23:08] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/08/19 10:19] | # [ 編集 ]

Re: タイトルなし
鍵コメのKさん、おはようございます。

体調のご心配をありがとうございます。
猛暑が続いており、確かにバテておりますが
夏が好きなので大丈夫ですよ~♪

また、台風はいくつが発生しているようで
東日本に影響があるとか・・・
充分、お気をつけ下さいね。

私はお盆休みの余波で、公私ともども忙しく
なかなか続きが書けなくて、ちょっとアセり気味です。
でも慌てて書くと、いつもロクな事がないので(笑)
ちゃんと落ち着いてから書きますね。

Kさんも、お盆の疲れを癒して
残暑を乗り切って下さい♪
[2016/08/20 08:49] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/835-a794316a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)