宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

残月 18
宮の厨房には元女王様と現皇后様。
そして、料理長が料理の基本を説いている。
元女王様が必死でメモし、皇后様がそれを覗きこんで確認する。

この異様な光景に、料理人達は遠巻きに見守っているしかない。

「さあ、では実際に調理をなさって下さい。」

料理長がヘミョンに鍋を差し出した。
不安そうに見上げる元女王に、チェギョンはうなづく。

「お姉様、実践あるのみです。
お料理は試行錯誤しながら覚えるものですから。
あ、でも今から作るのは本当に基本中の基本ですから
なーんにも難しい事ではありませんよ~。
私と料理長は、あそこでお茶してますね。」

普段は可愛い弟嫁が、悪魔のように笑っている。
ヘミョンは覚悟を決めて調理にとりかかった。

材料とレシピを交互に見ながら、ヘミョンの格闘が続く。
それは学校で習う家庭科の授業のようだ。
日々の暮らしの中で、両親を手伝いながら料理を覚えたチェギョンは
この光景が不思議だった。


しばらくして並んだのは、わかめスープ・チヂミ・チゲ・キンパ。
どれも下ごしらえは料理長がしているから、
ヘミョンはレシピ通りに味付けし、
鍋にブチ込んだり、海苔で巻いたりしただけだ。

「わあ、きれいにできましたね。
お姉様、すごいじゃないですか。
彩りもきれい!!」

チェギョンはここぞとばかりに褒めちぎる。
人は褒められてのびる事が多いからだ。
シンのように小言ばかりじゃ、チェギョンだって成長しようがない。

「見た目は、結構イケてるでしょ?
まあ、センスの問題よね。
色んな料理の盛り付けはたくさん見てきているから。」

ヘミョンは少し得意げに言った。

「料理長、試食させていただきましょうよ。」

「ええ。
では、いただきます。」

チェギョンと料理長は、わかめスープを口にする。

「うっ!」 「えっ?」

2人は慌てて水に手を伸ばした。

「な、なに? どうしたの?」

驚いたのはヘミョンの方だ。

「お、お姉様。
調味料の入れ方、間違ってません?」

「なんで?
レシピ通りに入れたわよ。
どれどれ、スプーン大さじ1杯。
ん? 大さじ?」

「もしかして、その横にあるカップ1杯入れたとか?
ね、料理長。
この味はそれしか思いつかないですよね?」

「そ、そうですね。」

「こちらはどうかしら。」

チェギョンはおそるおそるチヂミを口にする。

「ああ、辛くないです。
こちらは大丈夫そうですよ。」

料理長が試食をする。

「辛くはないですが、何も味がしないですね。」

「そうですか?
どれ、もう一枚。」

チェギョンはよーく噛み締めて味わう。

「さっきのわかめスープで舌がマヒしてたのですが
本当だわ、味が全くしない。」

「な、なに?」

ヘミョンは首をかしげている。

「お姉様、こちらには調味料が入っていないと思います。」

「そ、そうなの?
混ぜるのに夢中だったからかしら?」

料理長は勇敢にもチゲの味見を試みる。

「どう?」

チェギョンの声に、料理長がビクッとした。

「こちらはおそらく塩が入っておりません。」

「お姉様。
ちょっとお聞きしますが・・・
味見はされたのでしょう?」

「ん? していないわよ。
だって、どれが正しい味なのか わからないし。
韓国の家庭料理を食べたことがないから。」

ははん。
チェギョンには思い当たることがあった。

シンが初めてチェギョンの実家に来た時。
テーブルいっぱいに並ぶ庶民のご馳走を、シンは不思議そうに見ていた。

宮廷料理には、チゲもチヂミもある。
でも、それはどれも薄味で迫力のない味だ。
料理長の工夫で美味しく仕上がっているのだが
チェギョンには正直少し物足りない味付けだった。
一回の食事に使う調味料の量がきちんと決められていて
厳密な健康管理という視点で料理されているのだろう。
料理長はそんな制約の中で、日頃メニューに頭を悩ませているに違いなく。
チェギョンはいつも感謝していた。


「お姉様、わかりました。
もっと基本から入りましょう。
まずは韓国の家庭料理、庶民の味を覚える事から始めます!
そして、ご飯を炊いたり材料を切ったり。
味付けはそれからの話ですね。」

料理長は目を白黒させている。
この方は皇后様であらせられるが、こちらの方は元女王様だ。
だが、チェギョンは容赦しない。

「ああ、忙しくなるわ。
ユ尚宮にスケジュールの調整を頼まないと。」

チェギョンはキンパを口に入れた。

「お姉様、こちらは上手く仕上がっています。
ゴマ油もちゃんと塗ってあり、風味もいいです。
ご自分でも召上って、この味を忘れないようになさって下さいね。」

「う、うん。
どれどれ・・・ お、美味しい!
キンパってこんなに美味しいものだったのね。」

「これは基本中の基本です。
ここからアレンジして、色々な材料を加えて楽しむのです。
色彩と同じで、味は無限なのですよ。」

「へーえ。
俄然、やる気が出てきました。
料理長、もう一品挑戦してもいい?」

「ええ、もう少しなら厨房も使えます。」

「師匠、よろしくお願いいたします!!」

チェギョンと料理長は、顔を見合わせて吹き出した。

「お姉様。
上から目線でなんですが、頑張って下さい!
ファイティン!!」

「あ、ちょっとムカつく~。」

「あははは・・・」

楽しそうな姉妹の会話に、料理長も目を細めて見ている。



柱の陰に美しいチマが見え隠れする。
3人とも気が付いてはいたが、知らないふりをしていた。


    やっと安心しました。
    幸せになるのですよ、ヘミョン。

ずっと様子を見守っていた太皇太后は、溢れ出てくる涙をそっと拭った。






 
            皆さまへ

     今日もご訪問ありがとうございます。
    我が家のシンチェに変わらぬ愛と応援を下さり
    心からの感謝を申し上げます。
    
    昨日、はたと気が付き。
    この5月でブログを始めてから、まるっと6年経ちました。
    三日坊主どころか、一日とて何かを成し遂げた事がない私。
    よく続いたものだと、感激を通り越して呆れております。(笑)

    一度は『完』にしたこの場所で、
    のろのろゆるゆると綴っているにもかかわらず
    読んで下さっている皆さまに感謝の拍手を!!
    
    本当にありがとうございます。
    お一人お一人とハグをして握手をしたい気分なのですが
    ブログというのはこうして言葉を連ねなければ伝わりません。
    上手には書けませんが、お察し下さいね。

    来年の今頃はどうしているんだろう?
    まだここでシンチェと遊んでいるのかはわかりませんが
    しばらくは「ヘミョン祭」を楽しんで下さるとうれしいです。

    次回は木曜日にお会いしましょう。
    お身体に気をつけてね。

    あんにょん♪


                 Luna






コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/30 07:26] | # [ 編集 ]

Lunaさんへ

今朝も、すてきなお話をありがとうございます。

頑張るヘミョンさん、そして見守るチェギョンに料理長。
太皇太后様もきっと感慨無量でしょうね。
シン君も、きっと公務の傍ら、姉のことが心配で気になってるはず。
こんな素敵な宮の様子が見れて、私達は本当に幸せです。

お忙しい中、いつもありがとうございます。
一度は「完」にしたこの場所で、
私達のわがままを聞いて、今でも宮のお話を書き綴ってくださる
Lunaさんには、感謝の拍手をいくらしても足りないほどです。
この世界があって私達はどれほど幸せなのか。
どれほど元気づけられているか、癒されているか。

このさきも、きっとみんなの宮愛は、きっと変わらないと思います。
あまりわがままを言ってはいけないなと思いつつ、いつまでも
ここでこうしてお話を読んでいられたらなあ、なんて思わずには居られません。
無理なくLunaさんのペースでお願いしますね。
それには健康第一♡
読むのも書くのもきっとコンディションが大切です。
いつまでも宮を見守っていられるよう、今日も頑張ってお仕事行ってきますね☆
[2016/05/30 07:54] URL | ri ko #9EcxbBPc [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、おはようございます。
今朝もありがとうございます♪

私自身がびっくりしており、全然実感が湧きません。
私にとって激動の6年でしたので
宮にシンチェに、皆さんにいっぱい助けていただいて
心から感謝しております。
per~さんは地元という事もあり、共通の話題も多く
いつも楽しく読ませていただいています。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたしますね。

料理はセンスと言いますが、基本がなっていないと
それ以前の問題ですよね。
まずはお米をとぎ、包丁を持たねば始まらなかったです。(笑)
私も書いていて、韓国料理が食べたくなりました。

今日は朝から雨。
気をつけていってらっしゃーい♪
[2016/05/30 08:02] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: Lunaさんへ
ri koさん、こんにちは。
今朝も変わらぬ宮愛をありがとうございます♪

私の方こそ、いつも励ましていただき
どれほど救われている事でしょう。
皆さんもそうでしょうが、
日常の生活はお話のような訳にはいきません。
挫折や後悔、時には苦脳の繰り返し。
ちょっと立ち直れないなって思うほどの打撃もありますよね。
そんな時、宮というドラマを共有できる方々が存在するのは
心強い味方がいーっぱいいる気がするんです。

この空間を立ち去り難く、未練がましくまだおります。
また、泣いたり笑ったりしながら
最強の宮廃人仲間として、これからもよろしくお願いします。

あ、「ヘミョン祭」もよろしくね~♥
今日も頑張って行ってらっしゃーい!
私も急いで行ってきまーす!!
[2016/05/30 08:49] URL | Luna #- [ 編集 ]

Lunaさんへ
おはようございます Lunaさん

更新ありがとうございます。

6年 素晴らしいですね!
ただただ、尊敬します。

宮のお料理教室、楽しそうです。
本人は必死かな??

確かに目は肥えているけれど舌は...
食べた事がなければ正解はわからないですものね。

Lunaさんのお話、本当に楽しいんです(*^_^*) 
これからもついて行きます!!
よろしくお願いします m(__)m
[2016/05/30 09:40] URL | derufi #- [ 編集 ]

Fightだ!ヘミョン様&Lunaさん
おはようございます

大きい姫様は悪戦苦闘のようですね(笑)
それでも・・・宮を出て一人の女性として妻としていずれは母として成長していく為にも衣・食・住は大切ですよねェ
食べなければ力も湧いてこない!!健康な身体も作れないですからぁ

太皇太后様が安心できるくらいには?お料理上手になってくださいね元女王陛下(笑)

6年間お疲れ様です<(_ _)>そしてこれからもよろしくお願いいたします<(_ _)>

今日は肌寒く長袖に逆戻り・・・天候の起伏についていけない今日この頃です(爆)
[2016/05/30 10:00] URL | masaayafigft #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/30 10:09] | # [ 編集 ]

Re: Lunaさんへ
derufiさん、こんにちは。
温かいお言葉をありがとうございます♪
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

ダラダラとここまで来てしまいました。
ずいぶん遠くまで歩いてきたものです。
ドラマは18歳のチェギョンで止まったままなのに・・・
それがやっぱり淋しいですね。
宮2は本当に幻と消えちゃいましたもの。

ヘミョン姉さん役の方が、別のドラマでも公主様で出てらして
私の中では彼女は永遠のお姫様なのです。
だから、ご本人には申し訳ないけど
どうにもお料理が上手とは思えなくなってしまって。
ここまでしちゃって すいませーん、オンニィ~!
[2016/05/30 13:53] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: Fightだ!ヘミョン様&Lunaさん
masaayafigftさん、こんにちは。
そうだ! Fightだ! ありがとーーー!!

日に日に弱っていくので(大げさな)
皆様の激励で何とか生き延びておりまする。
これからも大激励をよろしくお願いしますね。

ヘミョンオンニは、こうなるでしょうなぁ~。
大さじとカップの違いもわからないと思います、ハイ。
むかーし、家庭科の授業で冷麺を作った時
我らのチームがやらかしました。
大さじとカップを間違えて・・・試食の時、死ぬかと思った。(爆)
運悪く、先生の試食グループに当たってしまい
大目玉だったのは言うまでもございません。(笑)

人生経験がたくさんあると、
こういう場面で色々小出しできて、いい事もあるものです。(笑)
[2016/05/30 14:02] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: ファスト&ありがとうございます
鍵コメのHさん、こんにちは。

ずっと一緒に歩いて来て下さって、ありがとうございます♪
皆さんの宮愛に支えられて、ここまで来ました。
6年と言えども、何だか実感がなくて・・・
これはきっと、私が読み返しをしないせいでしょうね。
前に書いたのが、よその方のお話みたいに思えるという。

本当に身体が資本でございます。
ここまで来たら、体力勝負なので重々気をつけまする。
もうしばらく「ヘミョン祭」を楽しんでくださーい♪
[2016/05/30 14:08] URL | Luna #- [ 編集 ]

ありがと♪
六周年、有難うございます。
いつも楽しませて頂いているので、ここは「おめでとう」ではなく、あえて「有難うございます」と書かせていただきますね。

最初にこちらのページにお邪魔したのは随分前ですが、その時には既に沢山のお話がありました。
夢中で読ませていただいたのを覚えています。あれからもずーーっとお話を読ませていただけて、楽しませていただけて。

これからもずっとお邪魔させてくださいませ。謝謝♪
[2016/05/30 16:42] URL | りゅうれん #SHyxYrcs [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/30 16:47] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/30 18:27] | # [ 編集 ]

拍手鍵コメのRさんへ。
拍手鍵コメのRさん、こんばんは。

実は私も相当ひどかったのですよ。
味覚はちゃんとあるんですが、盛り付けとか面倒なタチでして。
バサッ、ドサッ、さあ食べろ みたいな・・・
繊細な夫が嘆くから、徐々に改善されてきましたが
基本、美味しければいいと思っております。
今日も天ぷらてんこ盛りで出しました。(笑)

いつもコメントを下さり、ありがとうございます♪
楽しみと言って下さる事が、背中を押してくれるんですよ。
これからもヨボヨボ歩いて行きますね。
[2016/05/30 20:25] URL | Luna #- [ 編集 ]

拍手鍵コメのsaさんへ。
拍手鍵コメのsaさん、こんばんは。

最近は月・木更新もままならない状態ですみません。
自分にプレッシャーをかけないように、
肩の力を抜いてのんびり書いております。

まだまだ、やめないよ~。
安心して下さいね。
温かいお言葉をありがとうございました♪
しっかり胸に刻んで、ヨタヨタと(笑)頑張ります!

[2016/05/30 20:31] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: ありがと♪
りゅうれんさん、こんばんは。
こちらこそ、ありがとうございます♪

以前の勢いはなく、ボチボチと書いておりますが
変わらずに読んで下さって、本当にうれしいです。

ドSとドMの2人がやっとフツーのカップルになりました。
あの2人の事を書く時、
必ずりゅうれんさんを思い出して書いていますよ。

ずっと変わらぬ宮愛に心からの感謝を。謝謝♪
[2016/05/30 22:01] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: NoTitl
鍵コメのTさん、こんばんは。

ヘミョンオンニはまだお嫁に行ける状態ではなかったですね。(笑)
こうではないかと思っておりましたが。
普通は生活が始まってしまえば何とかなるものですが、
それは基本があっての事。
チェギョンのスパルタは正しいと思います。(爆)

いつも応援を下さり、ありがとうございます。
年々勢いがなくなってきていますが
無理せずにゆっくりと、行けるところまで歩いて行きたいです。
また、お会いしましょうね。
あんにょん♪
[2016/05/30 22:07] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: ありがとうございます
鍵コメのSさん、こんばんは。

誰でも新婚の頃はそうなのですよね。
しかーし、ご飯は炊けないとね。 餓死します。(笑)
ヘミョンさんは炊けなくてもいいかぁ~と思う自分もいるのですが。

私の方こそ、よくぞ来て下さいましたと思っています。
書けない時、アップするのを迷った時
いっぱい相談しましたね。
ピンポイントなアドバイスは非常に有り難かったです。
プライベートでも、年下のオンニとして
すごく頼りにしておりますよ。

来年の今頃を思うより、今この時を楽しむ。
また一つ、年下のオンニに教わったわ。

いつもありがとうございます。
これからもいーっぱい、よろしくお願いしますね♪

[2016/05/30 22:19] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/31 07:01] | # [ 編集 ]

Re: NoTitle
鍵コメのTさん(5/31)、おはようございます。
いつもありがとうございます♪

本当に健康が一番大切ですね。
こうしてお話できるのも元気でいればこそ。
楽しみと言っていただいて、また頑張ろうと力が湧いてきます。

シンくんがいない場面でも、その息使いを感じていただけるとは
感謝、感謝でございます。
どの場面でも、宮全体を意識して書いており
漂っている空気で包み込めたらな~って思っておりまする。

私はほとんど出歩かないので、よくわかりませんが
FC2はこっそり隠れるのにはいいと聞いています。
別に隠れているわけではありませんが(笑)
ブログの海の片隅でひっそりしていたいタイプなので。
FC2の新着情報には登録しているんですが
行ってみた事はないので、どーなっているのかも知りません。
同僚のCさんにはいつも口頭で新着情報をお知らせしています。(笑)
[2016/05/31 08:15] URL | Luna #- [ 編集 ]

ローマは1日にしてならず
Lunaさん、いつも素敵なお話をよませていただきありがとうございます。

キャラクターそれぞれの愛の形を繊細に描かれているこのブログが大好きです。

ヘミョン様の次は、久しぶりに韓日カップルの進捗をしりたいですねぇ。


いやいや、周りの声は気にせず、マイペースでいてくださいね。


[2016/05/31 11:06] URL | ころん #- [ 編集 ]

Re: ローマは1日にしてならず
ころんさん、こんにちは。
いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

宮というドラマは不思議なドラマで、主役のシンチェだけでなく
登場人物達のキャラが立っているんですよね。
どの子達も書いてみたくなるという気持ちになります。

私も韓日カップルの様子がそろそろ気になってきました。
ヘミョン祭の後はまだ書いておりませんので
念頭に入れて進めますね♪
[2016/05/31 13:02] URL | Luna #- [ 編集 ]


おめでとうございます。

Lunaさんが シンとチェギョンを愛し お話を綴ってくださるから 楽しい時間を持つことができます。これからもよろしくお願いします。楽しみにお話待ってます。
[2016/05/31 15:38] URL | さだはる #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
さだはるさん、こんばんは。
いつもありがとうございます♪
さだはるさんの宮愛に心からの感謝を♥

時が経つのは早いですね。
あっと言う間だった気がします。
でも、お話の数が半端なく・・・
私が全部書いたんですかね~?

これからもこんな調子だと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。(ペコリ)
[2016/05/31 20:57] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/818-9b0c6103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)