宮2を夢見て~シンとチェギョンの物語~
韓国ドラマ「宮」に魅せられて未だ「宮2」をあきらめられず、あれこれ妄想しています。
プロフィール

Luna

Author:Luna
「宮の世界」へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

残月 2
シンは執務の手を止めて、チェギョンへと向き直った。

「何かあったのか?」

あまりにドンピシャなタイミング過ぎて
チェギョンの目は一層真ん丸になった。

「なーんにもないわよ。
おかげさまで、産休で好きなデザイン三昧だし
母乳のためって言いながら好物をいっぱい食べられるし、言う事ないわ。」

「嘘つきだな。
まあ、いいさ。
かっこいいダンナの横顔に見とれていたことにしておく。」

口角を上げてニヤリと笑う、不遜な皇子。

「ふうん、どーでもいいけどね。
さあ、お仕事、お仕事。
真面目にやんなさーい!」

チェギョンはそそくさと画面に向き直る。

「見とれてたくせに・・・ぜーったいに見とれてた。」

シンも仕方なくパソコンに目をやる。


   はい、はい、見とれておりました。
   何年経っても、あなたが大好きで困っています。
   ベロベロベーだ!


理屈は苦手だ。
感情で動くタイプだと、自分でわかっているから。
だから・・・だから今もシンの横にいる。

シンの夢、チェギョンの夢、全てを諦めて2人でここに居るとは思っていない。
シンは公務の際に撮った各地の写真や、宮の日常の一コマ、
そしてチェギョンの写真を、毎年一回写真展を開催して披露している。
ソウルで1週間限定で行われるこの催しは
毎年すごい人数が押し寄せて、有志から集められた募金は
それぞれの施設で大変役立っているようだ。

チェギョンはチェギョンで、公務の度に着用する服が
自身のデザインとあって、今や女性国民のファッションリーダーとなっている。
これからはベビー服や子供服も注目を浴びるに違いなく。


でも、2人は知っている。

もしも、シンが無名のカメラマンだったなら
チェギョンが肩書のないデザイナーだったなら
2人の存在はこの年齢で世間を騒がせていたかどうか?

否、世の中のほとんどの人が2人の存在を知らずに過ごしている事だろう。

チェギョンは常に思っている。
自分自身のデザインとはいえ、皇后という肩書の上に成り立つ評価であることを。
皇后が自らデザインして、身に着ける服にアクセサリー。
皇后のデザインの小物、ぬいぐるみ。
だから話題になるのだ。
大きなバックアップがあってこその自分だと言う事は忘れていない。

だが、彩は違う。
自らの力のみで、自らの信念のみで ここまできた。
本人は悔しいだろうし、チェギョンは残念でたまらない。

そしてインの事も。
彩の気持ちが理解できるだけに、結論を急がせるような発言はしたくない。
でも、こうして夫や子供に囲まれて生きる幸せを知ったチェギョンは
インと彩の恋愛の後押しをしたい。

この微妙な心の揺れを収めるにはあれしかないでしょ。
チェギョンは虎視眈々と機会を待った。



「う~ん。 疲れた。
チェギョン、ハナは大丈夫か?」

「うん、大丈夫。
今日の夜勤さんが付いててくれてるから。
グズったら呼んでねって言ってある。
昼間に皆が入れ替わり立ち替わり相手をしてくれるから
夜は疲れて、ぐっすりよ。」

「そうか。
本当にオンマによく似てる。
宮にチェギョンの血が入った事で、ここはずいぶん変わるだろう。
ハナは僕とチェギョンを中和して、新しい風を起こしてくれそうだ。
繊細さだけでなく、図太い一面も持った皇族として。」

「図太いですと?」

「あ、言い間違えた。
ズボラだったぁ~。」

シンは、チェギョンをからかうのが楽しくてたまらない様子で言った。
チェギョンのほっぺがむぅ~と膨らみ始めると、シンは慌てて立ち上がる。

「奥さんの機嫌が悪くなってきたから、ハナの寝顔を見て来ようかな~。」

「起こさないでよ、可哀相だから。」

「わかってるよ、ちょっとハグするだけ」

シンが言い終わらないうちに、チェギョンが飛び跳ねるようにシンの背中にくっついた。

「私だってハグするもん。」

ドキッ!
心臓の音が聞かれそうで、シンは強張る。
が、敢えて平気そうにする。
皇子の精一杯のプライドとして。

「どーぞ、どーぞ。
お腹が大きいうちは無理だったもんな。」

チェギョンがスリスリしているのが、背中から伝わってくる。

    本当は・・・
    バックハグより正面からの方が好物なんですけど、お姫様。
    チェギョンの柔らかさと髪の匂いが直に伝わって来て
    幸せな気分になるんだ。
    チェギョンの胸はやわらかくて温かい。
    だけどそんな事を言ったら、ヘンタイ扱いされそうだし・・・

シンは背中の温もりに全神経を集中した。

    ああ、幸せだ。
    世界一、幸せなんだ。
    わかっているのか、チェギョン。

チェギョンは夢ごこちで、切ない心の声には気付きもしない。


シンの端正な横顔から、熱いため息がもれた。

急に背中が離れたと思ったら、チェギョンの目の前には美しい顔が。


    にゃんと、こっち向きも好物なんだにゃ~♥



         腕の中で、子猫ちゃんがうれしそうに笑ったのを
         麗しの皇子様はご存じなーい!!





コメント

おはようございます🎶

マサカリ担いだまさかの水曜更新に、嬉しくもありビックリしました\(◎o◎)/!
思わず「今日、木曜日だっけ?」って、カレンダー確認しました。

日本の妃殿下や内親王も
身に着けた洋服やアクセサリーが話題になりますよね。
どこのブランドか?とか、誰のデザインか?とか。

チェギョン皇后のデザインとなったら、そりゃもう若い年代や
ママさんの間で人気になるのは当然で。

でも立場上、ブランドを立ち上げて販売するのは無理でしょうから…
非営利で売り上げを全額寄付する活動なんて出来ないでしょうか?


ああぁ!バックハグだぁ♡
それから向き直ってのぉ、正面ハグ♡
どっちも好き(笑)
2人っきりの執務室は、今宵もお熱いようでぇ。

Lunaさん「宮2.5を夢見て」の章は、もう終わりでしょうか?
なんかまだ続きがあるような文章だったんですけど??
残月と同時進行かな?
はたまた私の勘違いか読解知から不足か("^ω^)・・・

温かかった昨日とは打って変わって、今日は寒い一日となりそうです。
雨も降りそうだしね☔

こんなお天気だけど、思いがけずお話が読めたので元気になれそうでーす。
Lunaさんにも、元気玉を送ります!
とりゃー!!!



[2016/03/09 08:47] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/03/09 08:50] | # [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ぶんちゃんさん、こんにちは。
フェイント更新に来て下さってありがとうございます♪

名古屋は冷たい雨が降ってます。
また寒くなるんだって~、おばちゃんはどうすりゃいいんだよ!
体調管理と言ったって、ねえ。


「残月」はいつもどおりの続きものです。
2つ戻ると「あんにょん♪」があるのですが
そこにチラッと書いてあります。
本当は「宮2.5を夢見て~残月」が正しいのですが
長くて面倒なので・・・やっぱりざっくり過ぎかな?
ここのお話は基本続きものなので、イケルかな?と思ってました~。
直した方がいいようでしたら、直しまーす。
ご意見をお待ちしております♪

バックハグは好きだけど、シンくんの顔が拝みたいの~。
私もどっちも好きだにゃん♥
[2016/03/09 13:20] URL | Luna #- [ 編集 ]



…再び…

こちらも昼過ぎから、冷たい雨になりました。

m(__)mスイマセン やっぱり理解していませんでした。。。

続きもの=2.5が終了してからの新連載物…だと思っていました。

「宮2.5を夢見て~残月」。了解しました。
直す必要はありません。
たぶん理解していなかったのはワタシ一人だと思いますから(恥)
あぁ~もう、穴があったら入りたい…

では次回のゲリラ更新、お待ちしております。

[2016/03/09 15:19] URL | ぶんちゃん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ぶんちゃんさん、こんばんは。

本当は「宮2.5を夢見て」を主題にして
小さな副題を付けて書くのがいいのです。
が、人様のテンプレートを拝借して書く身でして
その方法がわかりませぬ。
ちょいと勉強もしてみたのですが、
使えるのと出来ないのがあるみたいで。
この子の分はできない方じゃないかと思われます。

また、そのうちテンプレートを変えてみたら
いきなりできるようになっているやもしれません。
その時は副題をつけていい感じにしてみますね~。


休み休み書いているので、肩の状態が良くなってきました。
ここで無理をしてもいけないので、ボチボチやります。
では、またゲリラ更新をお待ち下さいまし♪
[2016/03/09 21:48] URL | Luna #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
拍手鍵コメのRさん、こんばんは。  

この導入で、シンチェのラブラブになってしまうとは・・・
私は相当欠乏してたのかもしれません。

私が韓国の情報を得ていた一つに、
韓国の方と結婚して大邸に嫁いだ方のブログがあったんです。
なかなかレアな情報があって助かっていたのですが
ここ2年は更新がなくて・・・
諸事情がそうさせているのか、わかりませんが
あまり夢物語だけでもいられないなって思うこの頃。

夢とリアルを織り交ぜた世界を描いてみたい。
新たな挑戦をしようと思っています。

不定期更新なのに、今日もありがとうございました♪
[2016/03/09 23:17] URL | Luna #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/03/10 08:32] | # [ 編集 ]

Re: あんにょん♪
per~さん、こんにちは。

この頃は書けたらアップという変則的な更新です。
やはり、まだ肩・腕が痛くて・・・
根を詰めないように気をつけまーす。

シンチェとイン彩のカップルの対比というか
それぞれの置かれた場所と愛情を描きたくて、このような展開に。
彼らが精一杯恋して生きてるのを書きたい。
遠い昔を思い出しながらですけどね。(笑)

コメントをありがとうございました。
ボチボチ更新だけど、また会いに来てね~♪
[2016/03/10 14:09] URL | Luna #- [ 編集 ]


お名前なかった鍵コメさん、おはようございます。

昨晩、文体などから色々考えてみたのですが
違っていたら失礼なので、お名前なしさんでリコメしますね。

ちょっと大人な感じでまとめたかったのですが
やはりここのシンチェはこんな関係なのでしょうね。
同級生同士の夫婦には、いつまでも可愛い2人でいてほしい。
緩いお話で始まりましたが、色んな恋模様へと発展させる予定です。

ボチボチ更新なので、気長にお待ち下さい。
コメントをありがとうございます♪
春はもうすぐそこですね。
[2016/03/11 08:13] URL | Luna #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://senamoon1122.blog57.fc2.com/tb.php/802-149f36fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)